人生に、もふもふを。

目が見えず耳が聞こえなかったため、引き取り手が現れなかった老猫。優しい女性との出会いが運命を大きく変える

0

猫の『プレシャス』は15歳の時に、保護施設『モリス・アニマル・レフュージュ』にやって来ました。

施設に入ったプレシャスは目が見えず、耳もほとんど聞こえませんでした。また、甲状腺機能亢進症(甲状腺ホルモンが大量放出され、代謝・体温・血圧・心拍数・消化器機能などが乱れる病気)と心雑音があったのです。しかし、プレシャスは身体の状態が悪いにもかかわらず、人間とのハグが大好きで、スタッフに抱っこされると幸せそうに喉を鳴らし始めるそうです。

「プレシャスは特別な食事で甲状腺の問題を改善することができます。でも、彼女に愛情を注いでくれる人は、なかなか見つからないかもしれません。彼女が今一番望んでいるのは愛する家族です」と施設のスタッフは言いました。

プレシャスは毛づくろいがあまりできなくて、施設の中で寂しそうにしていることがありました。そんなプレシャスをスタッフがブラッシングしてあげると、とても嬉しそうに身体を預けてくるそうです。

「プレシャスの姿を見ていると、彼女がどれだけ人間好きかが伝わってきます。彼女は年齢を重ねていますが、まるで子猫のようです。」

プレシャスのような障がいのある老猫は、新しい家を見つけるのが非常に困難です。そのため他の保護猫達が新しい家を見つけていく中、プレシャスだけは引き取り手が決まらなかったのです。プレシャスは素敵な里親さんが現れるのをずっと待ち続けていました。

そんな中、1人の女性が保護施設を訪れました。女性は施設の中を少し歩いた後、スタッフ達が予想していなかった特別な要求をしてきたのです。

「女性はこの施設の中で『一番引き取られる可能性の低い猫』を求めてきました。」

その場にいた全てのスタッフがプレシャスのことを頭に思い浮かべました。そして、スタッフ達がプレシャスをケージから出すと、プレシャスの方から女性の腕にすり寄っていったのです。

「15歳の愛らしいプレシャスは、目と耳に障がいがあり、甲状腺の機能低下と心雑音があります。でも彼女は今、永遠の家を持っています!」とスタッフは嬉しそうに話してくれました。

プレシャスはずっと望んでいた里親さんに抱きしめられて、最高の瞬間を迎えたのです。

こうしてプレシャスはついに新しい家へと旅立って行きました。これからは優しい里親さんにたくさん甘えて、愛情いっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:morrisanimalrefugelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう