人生に、もふもふを。

子犬のために保護施設から子猫を迎えようとしていた家族。迷子の子猫と偶然出会い、2匹は驚くほどの仲良しに!

0

ある日、ルーマニアに住むソリン・ポーパさんと妻は、家族の一員として子犬の『ダンテ』を迎えました。そして、ダンテの遊び友達として、保護施設から子猫を引き取ろうと考えていました。

そんな時、夫婦は家の近くの建設現場で、独りぼっちの迷子の子猫を発見したのです。子猫は家を必要としていて、夫婦はダンテのために猫を探していました。

「それはちょうど私達が新しい家に引っ越している時でした。まだベッドもない新しい家に、白猫の『アビゾー』がやって来ました。彼女は母猫とはぐれてしまったようで、全身が汚れていて空腹でした。彼女はとっても親しみやすく、母親の愛情を求めていました」とソリンさんは言いました。

翌日に引っ越し作業を終えた夫婦は、アビゾーを綺麗にして、体調を調べてもらうために獣医さんのところへと向かいました。また、ペット用品店に行って、アビゾーのために必要な食べ物やオモチャを購入してきました。

「アビゾーは食べ物やオモチャを気に入ってくれたようで、喉を鳴らしながら、私達にピッタリと寄り添ってきました。」

その後、アビゾーがダンテに会う準備が整うと、ソリンさんはふたりのことを会わせてみました。するとふたりはお互いに、相手のことをとても知りたがったのです。

「彼らはお互いに興味を持ちましたが、最初の日は少し距離を置いていました。でも2日目にダンテのボウルに水とご飯を入れると、アビゾーが真っ直ぐに駆け寄ってきました。」

そしてアビゾーはダンテの隣に来て、ダンテ用のご飯を食べ始めたそうです。

それからふたりはすぐに親友になり、ほとんどの時間を一緒に過ごすようになりました。ふたりはお互いのことを追いかけ、一緒に遊び、バルコニーを散歩して、夫婦の食事の様子を見つめてきました。

また、ダンテは猫の妹がすることを真似するのが大好きなようでした。

「ダンテはいつもアビゾーが遊んでいるものが気になって、自分も同じもので遊び始めます。そして、アビゾーがどこかに座っていると、ダンテも一緒に座り始めます。」

「アビゾーが私の膝の上で眠っていると、ダンテも膝の上で丸くなります。アビゾーが私の手を舐めると、ダンテも同じように舐めてきます。」

「彼らは疲れて眠りにつくまで、一緒に走り回ったり、ジャンプをしたりしながら遊んでいます。」

また、ふたりはイタズラのパートナーでもあります。ふたりはいつも家の中を駆け回って、一緒にハプニングを起こしているそうです。ふたりはお互いにエネルギーを満たし合っていて、終わりのないエンターテイメントを家族に提供し続けているのです( *´艸`)

そんなふたりの好きな娯楽は、バルコニーで暖かい日差しを浴びながら、日向ぼっこをすることだそうです。

とっても可愛いイタズラメーカーのおかげで、家の中にはプライバシーが存在しません。ふたりは家の中の色々な場所で、夫婦のことを常に観察してくるそうです♪

そして、ふたりが出会ってから、あっという間に7ヶ月が経ちました。ふたりは今もいつも一緒で、その絆は日に日に強くなっているそうです。

「彼らはとても愛らしく、私達の人生をより美しく、刺激的にしてくれます。彼らは私達に喜びと幸せを運んできてくれる最高の子供達です!」とソリンさんは幸せそうに話してくれました。

これからもふたりはお互いに愛情を注ぎ合いながら、幸せいっぱいの日々を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:2_white_walkerslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう