人生に、もふもふを。

豪雨の翌日、衰弱しきった状態で見つかった子猫。保護主さんの看病で元気を取り戻すと、幸せいっぱいの姿を見せてくれた

0

豪雨の翌日、ニュージーランドのオークランドに住むキャサリンさんは、路上で微かに動く生き物を発見しました。最初はネズミだと思ったキャサリンさんでしたが、近づいてみるとそれがまだヘソの緒がついたままの幼い子猫だということが分かったのです。

その子猫は鳴く事ができないようでしたが、母親を見つけるために必死に路上を這って歩こうとしていました。

眠る子猫出典:BruceTheKitten (lovemeow)

キャサリンさんはすぐに子猫を家に連れて帰り、食事を食べさせ、看病を続けました。そして、保護してから3日目を迎えると、ついに子猫は喉を鳴らし始めたのです。

ミルクを飲む子猫出典:BruceTheKitten

キャサリンさんは子猫に『ブルース』と名づけました。

キャサリンさんは昼も夜もなくブルースの世話を続けました。ブルースがお腹を空かせて鳴くたびに、ご飯を食べさせなければならなかったため、しばらくの間ほとんど眠れない日々が続いたそうです。

そんなキャサリンさんの必死の看病のおかげで、保護から12日目になると、未熟児だったブルースも100gを越えました。

体重を量る子猫出典:BruceTheKitten

そして、ついにブルースの目が開いたのです!

タオルで包まれる子猫出典:BruceTheKitten

その後、キャサリンさんはブルースにご飯の食べ方を教えてあげました。

ごはんの容器と子猫出典:BruceTheKitten

ブルースは成長するにつれて、自分だけで出来ることがどんどん増えていきました。キャサリンさんはブルースの日々の成長を見ることができて、とても嬉しかったそうです。

赤いタオルで包まれる子猫出典:BruceTheKitten

ブルースは身体の成長と共に、喉を鳴らす音も力強くなっていきました。

足にしがみつく子猫出典:BruceTheKitten

そして、ブルースは生後9週目を迎えました。この頃のブルースはすっかりヤンチャになり、家の中でたくさんのイタズラをするようになったそうです♪

元気を取り戻してきた子猫こちらを見つめる子猫出典:BruceTheKitten

そんなブルースの可愛い姿はこちら。

今ではヌイグルミのお友達もできて、幸せな毎日を送っているそうです♪

ぬいぐるみといっしょの子猫出典:BruceTheKitten

こうして弱々しかったブルースは、キャサリンさんの献身的な看病でこんなに大きくなることができました。これからもブルースはキャサリンさんの愛情をいっぱい浴びながら、幸せな毎日を送っていくことでしょう♪
出典:BruceTheKittenlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう