人生に、もふもふを。

グラグラと揺れる身体で路上を彷徨い歩いていた子猫。保護先の静かで落ち着いた環境に安心し、新しい人生を歩み始める

0

ある日、ラスベガスに住むニッキ・マティネスさんがTNR活動(野良猫の不妊去勢手術を行い、元の場所に戻す活動)を行なっていると、グラグラした身体でポーチに座る子猫の姿を発見しました。

ニッキさんと夫はすぐに子猫を保護しました。さらにニッキさん達は子猫の兄弟を見つけて、予防接種などをしてもらうために地元の動物病院へと連れて行きました。

兄弟の中で一番身体が小さかったグラグラと揺れる子猫は、兄弟よりも明らかに人間への恐怖心が薄いようでした。「他の兄弟は人間を非常に怖がり、強烈に威嚇して、何度も攻撃してきました。でも彼は静かに『シャー!』という声を出しましたが、私達に身体を触らせてくれました」とニッキさんは言いました。

その後、ニッキさんが子猫達の様子を確認するために動物病院に戻ると、グラグラしている子猫が随分と落ち着いていることに気づきました。ニッキさんは子猫が人間との生活を望んでいるように感じ、子猫をケージの中から出しました。

子猫はすぐに頭をニッキさんの腕の中に沈めて、しがみついてきました。子猫は人間の温かさに幸せを感じたようで、そのまま動かなくなったのです。「子猫が一度落ち着くと、とても優しくて甘いことが分かりました。」

子猫は小脳低形成症のため、外で生活するのはとても大変なことでした。「子猫は耳が少し曲がっていて、獣医さんに隅々まで検査してもらう必要がありました。彼にはかさぶたができていて、耳の中に大きな傷がありました。」

「子猫は別の猫か、何かの動物に噛まれたようでした。彼がこのまま外で暮らすのはとても危険なことでした。彼が天敵や車から逃げるには、あまりにも動きが遅すぎました。」

生まれてから2ヶ月半の間、ずっと路上で暮らしてきた子猫は、こうして人間との新しい生活を始めることになりました。動物病院からニッキさんの家に移動した子猫には、快適なベッドとたくさんのご飯、そして『ディディー』という名前が与えられました。

それから数日でディディーは室内生活に順応し始めました。ディディーはボウルからご飯を食べることを学び、トイレの使い方とオモチャで遊ぶことを覚えました。

またディディーは少しグラグラしているにもかかわらず、自分が他の子猫を同じように何でもできることをみんなに証明しました。

そんなディディーが一番好きなことは、優しい人達と一緒に過ごし、長い時間抱っこをしてもらうことでした。「ディディーはいつも腕の中で幸せそうに温まっています。彼は抱っこされるとすぐに喉を鳴らし始めます。」

その後も人間との信頼関係を深めていったディディーは、2週間も経たないうちに完全に心を開きました。ディディーはより大きく強くなり、耳の傷も完全に治りました。

ディディーは現在、自分が安全な場所にいることを知っていて、いつも自信を持って生活しています。「私はディディーを養育部屋からリビングに移しました。これで彼は普通の家庭から出る様々な音に慣れることができます。」

「ディディーは毎日少しずつ前進していて、人間との生活を心から楽しんでいます」とニッキさんは話してくれました。

こうして路上から助け出されたディディーは、ニッキさんのおかげで新しい生活をスタートさせることができました。ディディーはもう少しで里子に出ることになりますが、きっと新しい家にもすぐに慣れて、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:myfosterkittenslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう