人生に、もふもふを。

親友だった同居犬を失い、悲しみに暮れていた猫。匂いの残った首輪を発見し、もう会えないと思っていた親友と再会する

0

今から2ヶ月前、猫の『ゼウス』は一緒に暮らしていた老犬の『サム』を失いました。それから2ヶ月が経ちましたが、ゼウスのサムへの想いは以前と全く変わっていませんでした。

それは最近起こった出来事によって明らかになりました。

見つめる猫出典:Emma Catanzarite (thedodo)

ゼウスとサムは種族が異なり、性格も正反対でしたが、ずっと深い絆で結ばれていました。

犬と猫出典:Emma Catanzarite

「ゼウスはいつもサムを抱きしめて、一緒に遊ぼうとしていました。またゼウスはサムにイタズラをするのが好きでした」と飼い主のエマさんは言いました。ゼウスはサムのことが大好きで、いつも一緒にいたいと思っていたのです。

仲良しな犬と猫出典:Emma Catanzarite

一方のサムは寛容な心を持っていて、ゼウスからどんなにイタズラをされても怒りませんでした。サムもゼウスのことが大好きで、ゼウスと一緒にいることに幸せを感じていたのです。

犬と猫出典:Emma Catanzarite

しかし残念なことに、ふたりの幸せな時間は永遠には続きませんでした。2ヶ月前、サムは家族に見守られながら息を引き取ったのです。そしてそのことがゼウスの心に暗い影を落としました。

「ゼウスはサムが亡くなった後、本当に悲しそうにしていました。ゼウスは私の母親の後を一日中追いかけて、サムがどこにいるのかを何度も聞いてきました。」

ゼウスはもう二度とサムと一緒に遊ぶことはできません。しかしゼウスはある日、サムと再会する方法を見つけたのです。

犬の首輪と猫出典:Emma Catanzarite

エマさんのお兄さんの部屋には本棚があり、その上にサムの古い首輪が置かれていました。ゼウスは先日、その首輪を発見しました。

「私はゼウスが本棚で首輪の匂いを嗅ぐ姿を見ました。彼は勢いよく飛び上がって、首輪の上に座りました。彼は首輪の匂いを嗅ぎながら、とても嬉しそうにしていました。私はそんな彼の姿を見て、悲しさが再び込み上げてきました。」

こちらはゼウスがサムの首輪の匂いを嗅いだ時の様子です。

ゼウスがサムの匂いを嗅いで、どれほど心が癒されたのかは分かりません。でもゼウスは明らかに喜びを感じていました。

「ゼウスが首輪を発見した時、とても幸せそうな姿を見せてくれました。私はその首輪が彼の心を救ったように感じました」とエマさんは話してくれました。

抱えられる猫出典:Emma Catanzarite

息を引き取ったサムが再び戻ってくることはありません。でもサムの存在はまだ、ゼウスの心の中と首輪に残っています。ゼウスは今、再びサムと出会える場所を正確に知っているのです。
出典:Emma Catanzarite/thedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう