人生に、もふもふを。

身体が小さいまま成長することができない子猫。優しい家族に救われると、孤児の子猫達にたくさんの愛情を注ぎ始める

0

3週齢の子猫『フランシス』が動物病院「ノヴァ・キャット・クリニック」に来た時、まだ身体の大きさは新生児ほどの大きさでした。フランシスの兄弟は体重が280gほどありましたが、フランシスの体重はその半分もなかったのです。

ベッド子猫出典:thecatlvt

フランシスを養育することになったエレン・カロッツァさんは、最初の試練を乗り越えたフランシスを自宅に連れて帰りました。

フランシスはとても小さな身体をしていましたが、強い生命力を持っていました。そのため家に来た最初の日から、フランシスは家の中の探索を始めて、エレンさんに甘えきたそうです。

フランシスはお話し好きの性格で、いつも眠りにつくまでニャーニャーとノンストップで話しかけてきました。またフランシスはとても甘えん坊で、エレンさんの気を引くためにいつも猛アタックをしてきたそうです。

丸くなる子猫出典:thecatlvt

その後、エレンさんはフランシスの成長を妨げる原因を調べることにしました。何人かの専門家に診てもらうと、成長ホルモン欠乏症の可能性が高いことが分かったそうです。さらにフランシスは健康上の問題をいくつも抱えていることが分かりました。

体重子猫出典:thecatlvt

そんな身体の小さなフランシスですが、その大きな個性は身体の小ささを完全に補っていました。

見上げる子猫出典:thecatlvt

その後、フランシスが6週齢になった時、ようやく3週齢の子猫ほどのサイズになりました。しかし、今後フランシスが成猫の大きさになる可能性は極めて低いそうです。

座る子猫出典:thecatlvt

エレンさんと家族はフランシスを養育しているうちに、フランシスのことを手放せなくなりました。そのためフランシスが8週齢になった時、エレンさんは正式にフランシスを家族に迎えることに決めたのです。

それは同時に、フランシスが他の困っている子猫達を助けることを決めた瞬間にもなりました。フランシスは動物病院や保護施設に連れて来られた子猫達の世話を自ら始めたのです。

入る子猫出典:thecatlvt

フランシスは保護子猫達に会うたびに、キスやハグで子猫達を温かく迎えました。

ミルクを飲む子猫出典:thecatlvt

フランシスは今の生活がとても気に入っているようで、いつも元気いっぱいで、とても愛情豊かで、毎日が好奇心に溢れているそうです。

遊ぶ子猫出典:thecatlvt

「フランシスは現在13週齢で、一緒に暮らすチェシャムは18週齢ですが、フランシスの身体は半分ほどの大きです。でもフランシスの精神や行動は年齢と共に成長しています」とエレンさんは言いました。

寄り添う子猫出典:thecatlvt

「フランシスはいつも孤児の子猫達に辛抱強く接していて、子猫達の人生を救ってきました。彼は困った子猫達への大きな愛情を持っています。」

見上げる子猫出典:thecatlvt

こうして身体の小さなフランシスは、エレンさんや優しい人達のおかげで、日々力強く成長しています。これからもフランシスはたくさんの保護子猫達に愛情を注ぎながら、優しい家族と共に幸せな毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:thecatlvtlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう