人生に、もふもふを。

火事で住む家を失った83歳の男性。焼け落ちた家の前で、救助された大切な家族を力強く抱きしめ続ける (5枚)

0

その日、83歳の男性の家が炎に包まれ、住む家と財産を失いました。しかし、男性はとても大切なものを失いませんでした。

火事は木曜日に起こりました。トルコの西部の小さな村に住むアリ・メセさんは、家にあるガスストーブに火をつけようとしていました。しかし、火は思うようにつかず、小さな爆発が起こったのです。それがアリさんの家を焼いた原因でした。

隣の住人はすぐに消防士を呼び、消火活動と救出活動が行われました。消防士はアリさんと妻と息子、そしてこの家に住む猫を何とか救出することに成功しました。しかし、炎を消火することはできず、家は厚い木の板と金属製の屋根を残して、全てが焼け落ちてしまったのです。

アリさんは自分の杖で身体を支えながら、怯えている猫を抱きしめました。そして、ふたりはお互いを慰めるように、いつまでも抱きしめ合ったのです。

救助後のふたりの様子はこちら。(動画)

アリさんは火傷を負いましたが、幸いなことに大怪我を負うことはありませんでした。しかし、火傷を治すために入院が必要でした。

その後、アリさんが入院している間に、彼と猫の話はトルコ中に広がりました。

トルコの赤十字はアリさんの入院する病院へと贈り物を届けました。でもそれはアリさんへの贈り物ではなく、猫のための贈り物だったのです。

贈り物の中身は、猫が安心して寝られるためのベッドと安心して移動できるためのキャリーでした。その贈り物は猫の身体を温め、アリさんの心を温めました。

キャリーに入って病院を訪れた猫は、アリさんと再会できたことをとても喜びました。そして、アリさんも最愛の猫を力強く抱きしめながら、満面の笑みを浮かべたのです。

これからもアリさんの大変な時期は続いていくと思いますが、最愛の猫と一緒なら、きっとどんな困難にも負けずに、以前のような穏やかな日々を取り戻せることでしょう。

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう