人生に、もふもふを。

道路の片隅で雪に覆われていた子猫。車が何台も通り過ぎる中、1人の男性が凍った子猫を救い出す! (8枚)

0

2017年1月3日、スラヴァさん(@CatPusic)が、寒い雪道を運転していると、道路の脇に毛玉のようなものを発見しました。

道路の猫

「私はそれが猫だと分かりました。そして、この天気で凍ってしまったのだろうと思いました」とスラヴァさんは話しました。猫の横を何台もの車が通りましたが、止まる車は一台もありませんでした。その様子を見たスラヴァさんは、自分が何をすべきか分かっていました。

スラヴァさんはすぐに車を止めると、雪の中から猫を救出しました。

雪に埋もれた猫

「その日はとても寒かったため、私は猫をタオルで包んで車に戻りました。そして、全身の氷を溶かすために、車の暖房を最大にしました。」

固まった猫

スラヴァさんは、保護した猫に『ニカ』と名づけました。

「ニカは道に迷って、数本の木しか生えていない場所で動けなくなっていました。彼女は大雪から抜け出す術がなく、移動する力も残っていませんでした。」

スラヴァさんはニカを近くの父親の家に連れて行き、毛布に包み、暖房で温めました。するとニカは暖かい家に安心したようで、喉を鳴らしながらスラヴァさんに感謝を伝えてきたのです。

撫でられる猫

身体が十分に温まったニカは、獣医さんのところへと向かいました。

温まる猫

獣医さんに診てもらい、ニカが生後6ヶ月だと分かりました。ニカはひどい寒さの中でシッポに凍傷を負ってしまったため、切断しなければなりませんでした。

ニカは幼い身体で手術を乗り越えました。

「ニカは、私達が自分のことを助けようしていることを知っていました。彼女はとても忍耐強く、不満を言わず、ずっと愛らしい姿を見せてくれました。」

なでなで猫

保護から2週間後。
すっかり元気を取り戻したニカは、家中を走り回ったり、スラヴァさんと楽しく遊び回っているそうです。

見つめる猫

そして、2ヶ月後。
ニカは生後8ヶ月になりました。とっても愛らしいふわふわのニカは、暖かい家の中で幸せに暮らしているそうです。

見上げる猫

こちらはニカの救出から元気になるまでの様子です。(動画)

こうして雪の中で動けなくなっていたニカは、スラヴァさんのおかげで命をつなぐことができました。あの時スラヴァさんがこの道を通っていなかったら、ニカは今頃どうなっていたことでしょう。ニカが助かって本当に良かった。これからも大好きなスラヴァさんにいっぱい甘えて、幸せな毎日を送っていって欲しいですね。

出典:instagram.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう