人生に、もふもふを。

野良猫と家の近くで出会った夫婦。世話を始めて4年後に、嬉しいサプライズが待っていた! (8枚)

0

ある夫婦が家の近くで3匹の野良猫と出会いました。夫婦は野良猫に『ハデス』『ゼウス』『ポセイドン』と名づけ、ご飯の世話を始めたのです。

こちらは雪の中で丸くなるハデスの姿です。

雪の中の猫

特にハデスは夫婦のことがとても気に入ったようで、毎日夫婦の家に通ってくるようになりました。また、遠くにいるハデスに口笛を吹くと、夫婦の元に嬉しそうに走り寄ってきたのです。

覗く猫

そんな関係が3年間続きました。すっかりハデスのことが愛おしい存在になっていた夫婦は、ハデスと一緒に暮らしたいと思うようになっていたのです。

ハデスも優しい夫婦のことを信頼していて、夫婦の手からご飯を食べるようになっていました。また、体を撫でられると夫婦に体を預けて、とても嬉しそうにしていたのです。

撫でられる猫

しかし、ハデスはずっと家の外で暮してきたため、室内で暮らす準備はできていませんでした。それでも夫婦はじっくりと時間をかけてハデスと接し続けたのです。

見上げる猫

しばらくするとハデスは自分の名前を覚えたようで、夫婦が「ハデス」と呼ぶと一目散に走ってくるようになりました。そして30分以上も、夫婦と一緒に楽しい時間を過ごすようになったのです。

ある日、夫婦は試しにハデスを家の中に呼んでみました。するとハデスは、嬉しそうに家の中まで入ってきたのです。しかし、夫婦がドアを閉めると急に暴れ出しました。夫婦を信頼しているハデスですが、やはり家の中はまだ怖いようです。

寝転がる猫

そんなある日のこと、ハデスは朝食の時間に友達を連れてきました。猫の名前は『マイア』。マイアは1年半前に夫婦の家の近くに現れた野良猫で、夫婦は時々、家の近くでマイアの世話をしていました。

ハデスが自分達を信頼して友達を連れてきたことに、夫婦はとても喜びました。

見上げる猫達

しかし、今から約2ヶ月前のこと、急にハデスの体重が落ちてきて明らかにやつれていきました。最悪の事態を恐れた夫婦は、ハデスをすぐに保護して獣医さんの元へと連れて行ったのです。そして、獣医さんに診察してもらうと、ハデスが痩せたのはお腹の虫が原因だと分かりました。幸いなことに悪い病気は見つからなかったそうです。

その後、無事に虫を駆除してもらったハデスに、ある変化が起きました。何とハデスが夫婦の家の中で暮し始め、外の世界に興味を持たなくなったのです!

どうやらハデスは外の世界ではなく、夫婦と一緒に暮らす道を選んだようです。

近づく猫

家の中で暮し始めたハデスは、ホットカーペットの上がお気に入りの場所になりました。ハデスは時々、家の中を散歩して、甘えたくなると夫婦のそばに寄り添うそうです♪

いい顔してる猫

こうして夫婦は3年かけてハデスの信頼を得られるようになりました。そして、さらに1年で家族として認められたのです。家の中では寒さに震えることも、ご飯の心配もいりません。これからは温かい家の中で、優しい夫婦との幸せな日々が待っているのです♪

出典:JDEEBS

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう