人生に、もふもふを。

病気で余命3年と宣告された子猫。それから13年経っても、少年との友情は変わりませんでした! (5枚)

0

今から13年前、10歳の男の子が両親と一緒に、海の見える街で休暇を過ごしていたときのことです。男の子が海の近くで遊んでいると、錆びたボートの上に子猫を発見しました。子猫の方は男の子に気づかなかったようで、地面に飛び降りると草むらの中で遊び始めたのです。

しばらくして男の子の気配に気づいた子猫は、嬉しそうに近づいてきました。男の子は子猫に持っていたチーズをプレゼントすると、子猫はとても嬉しかったようで、男の子のそばから離れなくなったのです。そして、ふたりはいっしょに帰宅しました。

男の子は子猫のためにベッドを用意してあげました。でも子猫は、男の子のそばが良かったようで、男の子の胸の上で丸くなって眠り始めたのです。

男性の背中に鎮座する老猫

そして、翌日。

男の子は家族と一緒に子猫を動物病院へと連れて行きました。そして、獣医さんに診てもらうと、子猫が『猫白血病』であることが分かったのです。白血病を発症した猫のほとんどが3、4年しか生きられないそうです。

家族は病気の子猫を家族に迎えることにしました。そして、最期を迎える時まで、たっぷりと愛情を注いであげようと決めたのです。子猫は『レスター』と名づけられ、新しい暮らしが始まりました。

覗いてくる老猫

それから13年後。

余命3、4年と思われていたレスターですが、今も元気いっぱいです! 10歳だった男の子も23歳になりました。

しがみつく老猫

家族に存分に甘やかされたレスターは、とっても甘えん坊に成長しました。どうやら自分のお願いは、全て叶うと思っているようです♪

背中に乗る老猫

全く衰え知らずのレスターを見ながら、男性の父親は「もしかすると私より長生きするんじゃないか?」と嬉しそうに話しているそうです。

仲良しな男性と老猫

こうして休暇中の男の子と友達になったレスターは、猫白血病と診断されたにも関わらず、13年間も生きることができました。もしかすると、男の子とずっと一緒にいたいという想いが、レスターの運命を変えたのかもしれませんね。まだまだ元気いっぱいのレスターは、これからも大好きな家族と一緒に、幸せな毎日を送っていくことでしょう。

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう