人生に、もふもふを。

凍死寸前の子猫を保護して8ヶ月。里親さんの優しさが凍りついた心と身体をすっかり溶かす! (10枚)

0

子猫の『ラザロ』は寒い雪の日に、ビンガムさんの家の庭で発見されました。ビンガムさんは全く動かない子猫を保護すると、子猫を蘇らせるために暖炉の前で温め続けたのです。

凍りついたラザロの救出について詳しく知りたい方は『雪の中で凍えて動けなくなった子猫を奇跡的に救った家族』をご覧ください。

凍える子猫

奇跡的に息を吹き返したラザロは、そのままビンガムさんの家で暮し始めました。最初の頃は、新しい環境に戸惑っていたラザロですが、ビンガムさんに抱きかかえられると次第に落ち着いていったのです。

家の仲の子猫

ラザロは、ビンガムさんと家族のおかげで、信じられないほどのスピードで回復していきました。

ラザロはいつも近くで見守ってくれるビンガムさんのことが好きになり、赤ん坊のようにしがみつくようになりました。どうやらビンガムさんのことをお父さんだと思っているようです。

ギュッとする子猫

ラザロはビンガムさんに甘やかされて、すっかり野生を失ってしまいました♪

いっしょに過ごす子猫

ビンガムさんが大好きなラザロは、いつも後をついて歩きます。そして、ビンガムさんがくつろぎ始めると、膝や肩、頭などに乗って注意を引こうとするのです。

幸せそうな子猫

そんなある日のこと、ビンガムさんが足を骨折して、ベッド生活になってしまいました。ラザロはビンガムさんの様子がいつもと違うことに気づいて、心配そうに寄り添ってきたのです。そして「ボクがついてるから安心してね」と言っているかのように、たくさん話しかけてきたのです。

看病する猫

ラザロさんは一日中ベッドで過ごしていましたが、退屈することはありませんでした。それは、最高の看護師さんがいつも側にいてくれたからです。

どうやらビンガムさんが怪我をしたことで、さらにふたりの仲は深まったようです。

寝ちゃった猫

とても愛情いっぱいのラザロですが、ビンガムさんと一緒にいる時は、自分のことを『世界の王』だと思ってようです。それはラザロの望みをビンガムさんが何でも叶えてくれるからです♪

見上げる猫

こちらは、ふたりでバードウォッチングを楽しんでいる様子です。いつも一緒にいるからなのか、ふたり共よく似ていますね( *´艸`)

同じポーズの飼い主さんと猫

そして、あっという間に8ヶ月が経ちました。ラザロの身体は大きくなりましたが、今でもビンガムお父さんから離れられないようです♪

飼い主さんとお昼寝する猫

こうして凍死寸前だったラザロは、最高の飼い主さんに出会うことができました。どうやら凍りついたラザロの心と身体は、ビンガムさんの愛情でトロトロに溶けてしまったようです♪

出典:facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう