人生に、もふもふを。

登山中に迷子の子猫が現れた! いっしょに歩いているうちに離れられなくなってしまい… (8枚)

0

ある日、エリックさんは登山のために、仲間と一緒にケンタッキー州レッドリバー渓谷にあるミューア・バレーを訪れました。エリックさんのグループは車を砂利の駐車場に止めると、早速、山頂を目指して歩き始めたのです。

しかし、駐車場から少し歩いたところで、予想外のことが起こりました。なんと野良の子猫と遭遇したのです! さらに子猫はエリックさん達のことが気になったようで、みんなの後をトコトコとついてきました。

山道で出会った子猫

エリックさん達は可愛らしい足取りでついてくる子猫を放っておくことができず、子猫のスピードに合わせて歩き始めました。子猫はとても山登りが上手でしたが、しばらく歩くと疲れてしまったようで、エリックさんに向かって鳴き始めたのです。

肩の乗る子猫

エリックさんが背中を丸めて座ると、子猫は肩の上に登ってきました。そして子猫は、エリックさんの肩に乗ったまま登山を続けたのです。そんな子猫に愛着が湧いたエリックさんは、子猫に『レッド』という名前をつけました。

どうやらレッドの方も、すっかりエリックさんのことが気に入ったようです♪

嬉しそうな子猫

しばらくするとレッドは、心地良いヘルメットを発見しました。そのフィット感は最高で、ついついお昼寝してしまいました(笑)

ヘルメットの中の子猫

さらにレッドは移動中に眠たくなると、エリックさんのジャケットの中に潜り込んで眠ったそうです♪

服の中の子猫

とっても可愛いレッドに、エリックさんは恋をしてしまいました♡

背負われる子猫

すっかりレッドと離れられなくなったエリックさんは、レッドを家に連れて帰ったのです。

エリックさんは笑いながら「私がレッドを採用したのか、レッドが私を採用したのか分かりません」と言ったそうです♪

眠る子猫

その後、レッドはすくすくと育ち、こんなに大きくなりました。今ではすっかり家の王様です!

成長した子猫

こうして山の中で出会ったレッドとエリックさんは、いつの間にか家族になっていました。もしかするとふたりの出会いは、運命の出会いだったのかもしれませんね♪

出典:JENNIFER S. AND ERIC C.

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう