人生に、もふもふを。

後ろ足が動かなくなり、死の淵を彷徨っていた母猫。お腹の赤ちゃんへの深い愛情が、母猫の命を繫ぎ止める

0

ある日、ロサンゼルスの砂漠で妊娠中の猫が見つかりました。猫は背骨に大怪我を負っていて、後ろ足を動かすことができなくなっていました。しかし、そんな状態にも関わらず、生きることを決して諦めなかったのです。

猫の親子出典:milos_sanctuary

猫は地元の保健所に運ばれ『トリクシー』と名づけられました。

「トリクシーは大怪我を負っていましたが、奇跡的に生き残りました。おそらく彼女はお腹にいる赤ちゃん達のために、何としても生きなければならなかったのでしょう」と保護施設『ミロズ・サンクチュアリ』のスタッフは言いました。

その後、出産に入ったトリクシーでしたが、下半身の感覚がなかったため、2匹の子猫は産声を上げることはありませんでした。スタッフ達はすぐ獣医さんのところにトリクシーを運び、残りの4匹の子猫を帝王切開で出産させたそうです。

「奇跡的に4匹全員が生き残りました。出産を終えたトリクシーは子猫達にミルクを飲ませ、毛づくろいをして、愛情を注ぎ始めました。」

子猫を育てる母猫出典:milos_sanctuary

トリクシーは4匹以外にも、母親のいない2匹の子猫も育て始めました。2匹は養育主のダイアン・カービーさんに育てられていたのですが、そこにトリクシー親子がやって来たそうです。

トリクシーは歩くことができないにも関わらず、子猫達の世話を決して止めることはありませんでした。トリクシーは常に子猫達と一緒に過ごし、授乳や毛づくろいを続けたのです。

猫の親子出典:milos_sanctuary

その後、子猫達が十分に成長すると、全ての子猫が新しい里親さんの元へと旅立って行きました。しかし、身体に障害のあるトリクシーは、いつまでも引き取られることはなかったのです。

「保健所はトリクシーを安楽死させるため、トリクシーを戻すようにダイアンさんに言ってきました。でもダイアンさんはトリクシーの命を絶つことを完全に拒否しました。」

そしてダイアンさんは、障害のある猫達の世話を専門に行なっている保護施設『ミロズ・サンクチュアリ』に連絡をしたのです。

見上げる猫出典:milos_sanctuary

「私達がお世話になっている養育主の1人が、トリクシーの写真を見て一目惚れしました。彼女はトリクシーを家族の一員として迎えたいと申し出ました。」

その後、トリクシーが養育主のゾーイ・セスラーさんに会うと、大きな音で喉を鳴らし始めました。さらにトリクシーはゾーイさんに抱きついて、頭を擦りつけてきたのです。それはまるでトリクシーが、生涯の家に着いたことを知っているかのようでした。

保護猫出典:milos_sanctuary

保護施設のスタッフ達はトリクシーが発見される前に、どのような人生を送ってきたのかは分かりません。でもトリクシーの残りの人生がたくさんの愛情で満ち溢れ、幸せな人生を送れることを知っているのです。

「トリクシーは新しい家でとても大切にされていて、たっぷりと甘やかされています。彼女はこれからもずっと、安全な家の中で幸せな時間を過ごしていくことでしょう。」

見上げる猫出典:milos_sanctuary

こうして大怪我を負いながらも決して命を諦めなかったトリクシーは、安全な家の中で第2の人生を始めることができました。トリクシーは現在、ゾーイさんの愛情を全身で感じていて、幸せな毎日を送っているそうです。
出典:milos_sanctuarylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう