人生に、もふもふを。

保健所から子猫と共に助け出された母猫。大切な我が子と暮らせるのが嬉しくて、片時も離れることなく抱きしめ続ける

0

2月15日、路上で暮らしていた妊娠中の三毛猫が、兄弟と一緒に保健所へと入りました。そして次の週の金曜日、三毛猫は2匹の赤ちゃんを出産し、1匹だけ生き残ったそうです。

子猫を抱きしめる母猫出典:instagram.com

助けが必要な猫の話を聞いた保護団体『ホームワード・バウンド・キャット・アダプションズ』は、すぐに保健所へと向かい、3匹を救出しました。そして、養育主さんの家に3匹を連れて行きました。

3匹はそれぞれハーモニー(母猫)、ヘブン(子猫)、オリバー(ハーモニーの兄弟)と名づけられました。オリバーは一足先に新しい里親さんの元へと旅立って行ったそうです。

出産したばかりのハーモニーは愛情深い猫でしたが、初めての出産だったためか、子猫をどのように世話をすればよいかが分かりませんでした。そのため養育主のエレン・リヒターさんは、ハーモニーにヘブンの世話の仕方を教えることにしました。

「私はハーモニーに授乳の方法を教えようとしましたが、彼女は仰向けになったままミルクを与えようとしませんでした。その代わりに彼女は、ずっとヘブンのことを抱きしめ続けていました」とエレンさんは言いました。

ハーモニーがヘブンにミルクを飲ませようとしなかったため、エレンさんはハーモニーの頭と腕を静かにどかして、ヘブンにミルクを飲ませてあげたそうです。

仲良しな子猫と母猫出典:instagram.com

その後もエレンさんはヘブンの栄養が足りているかを確認するために、2〜3時間おきにヘブンの口に哺乳瓶を持って行き、ミルクを飲ませました。

「ハーモニーはヘブンから離れることを拒否し、いつもヘブンをしっかりと抱きしめていました。彼女はその場から動こうとせず、ご飯を食べたり、水を飲んだりしませんでした。また、トイレに行くこともありませんでした。」

子猫をハグする母猫出典:instagram.com

エレンさんはそんなハーモニーのためにご飯と水を用意して、スプーンですくって食べさせてあげました。

しかしそれから3日後、ハーモニーはここが安全な場所だと分かったのか、自分の隣に置いてあった容器からご飯を食べるようになり、トイレも使うようになったそうです。さらにハーモニーはヘブンにミルクを飲ませるようになりました。

ご飯を食べる母猫出典:instagram.com

「ハーモニーはとても甘えん坊の性格で、今も時々『スプーンでご飯を食べさせて』と要求してきます。彼女はチキン味のベビーフードがお気に入りのようです。」

子猫を抱っこする母猫出典:instagram.com

その後もヘブンが歩けるようになるまで、ハーモニーは常にヘブンを抱きしめ続けていました。そして、ヘブンが少し歩けるようになると、身の回りの安全を常に確認しながら、ヘブンのそばを歩き回るようになったそうです。

子猫と母猫出典:instagram.com

「ここ数日でヘブンは少しずつ歩けるようになってきました。ハーモニーはヘブンの成長を感じているようで、とても幸せそうな表情を見せてくれています。ヘブンはまだ少ししか歩けませんが、ハーモニーはとても誇らしく思っているようです。」

ヨチヨチ子猫出典:instagram.com

「ハーモニーはとっても優しくて、日に日に素敵なお母さんになっています。」

寄り添う子猫と母猫出典:instagram.com

ヘブンは生後13日で目が開き、毎日好奇心が増しているそうです。

くつろぐ母猫と子猫出典:instagram.com

ハーモニーとヘブンは現在、エレンさんの元で幸せな毎日を送っています。ハーモニーはヘブンの成長が何よりも楽しみで、片時もヘブンから目を離さないそうです。

幸せな母猫と子猫出典:instagram.com

こちらはハーモニーとヘブンのミルク時間の様子です。(動画)

こうして保健所から助け出された親子は、エレンさん達のおかげで安心して暮らせるようになりました。ふたりの幸せそうな姿を見ていると、自然と心が温まりますね(*´ω`*)

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう