人生に、もふもふを。

保護猫のために、建物内に『猫の部屋』を作った役所。職員達は猫に癒され、猫達は里親さんに出会うチャンスが広がる! (5枚)

0

ニューメキシコ州にあるサザンニューメキシコ郡役所では、家が必要な保護猫のために、役所の建物の中に『キャット・ライブラリー』と呼ばれる猫の部屋を作りました。また、『猫委員会』というものが組織され、そこに所属する職員達が毎日猫達の世話をしているそうです。

固まる2匹の子猫

「私の仕事の1つにキャット・ライブラリーの管理があります。キャット・ライブラリーは保護施設としての役割があり、つい先日も新しい子猫達がやって来ました」と猫委員会のルーシーさん(@Loocylooo)は言いました。

「この子猫達は母猫と一緒にゴミ捨て場の近くで見つかりました。親子は地元の保護施設に運ばれましたが、母猫は病気のため数日後に亡くなってしまったそうです。その後、私達のキャット・ライブラリーに空きがあったため、子猫達が持ち込まれました。」

くっつく2匹の子猫

役所は2階建てで、800人以上の職員が働いています。キャット・ライブラリーはフロントロビーの近くにあるのですが、その前を通り過ぎようとすると猫達の可愛い声が聞こえてくるため、素通りするのは不可能なのだそうです。また、目立つところにキャット・ライブラリーがあることで、猫達が家族を見つけるチャンスが広がっているそうです。

「職員達は猫達を人間に慣れさせるために、休憩時間になると自分の机に猫を連れて行きます。それは職員達の心を癒す時間にもなっています。キャット・ライブラリーがあることは、子猫達にとっても、職員達にとっても、非常に良いことなのです。」

キャット・ライブラリーはこの1年間で、100匹以上の猫の里親さんを見つけたそうです。

丸くなる2匹の子猫

ちなみに猫委員会のルーシーさんも、このキャット・ライブラリーから猫を引き取った里親さんの1人です。

「ある日、私の息子が役所を訪れた時、1匹の猫に恋をしました。私は息子のために猫を引き取ると、ふたりは驚くほど仲良くなりました」とルーシーさんは嬉しそうに話してくれました。

少年と猫

ルーシーさんの家に来た猫は、先住犬ともすぐに友達になったそうです♪

犬と猫

キャット・ライブラリーは保護猫達にとっても、職員達にとっても、住人達にとっても素敵な取り組みですね。これからも多くの猫達がキャット・ライブラリーから旅立ち、たくさんの幸せを里親さん達に届けてくれることでしょう♪

出典:reddit.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう