人生に、もふもふを。

非常に痩せ細り、全身の毛がひどく荒れていた22歳の老猫。生涯の家でお腹と心を満たすと、幸せいっぱいの変化が (*´ェ`*)

0

10月の初め、22歳の老猫の『テルマ』がオーストラリアのブリスベンにある保護施設に引き渡されました。「テルマの家族は生活費が高騰したため、彼女の世話をする余裕がなくなってしまいました」と別の保護施設『ベスト・フレンズ・フィーラインズ』のニッキさんが言いました。

テルマが連れて来られた保護施設は既に定員に達していたため、テルマが必要としているものを提供することができませんでした。その話を聞いたベスト・フレンズ・フィーラインズのスタッフ達は、すぐにテルマを迎えるために動き始めました。

スタッフ達はテルマに生涯の家を与えて、残りの人生を愛情に満ちた時間にすることを心に誓っていました。

非常に痩せ細っていたテルマは、全身の毛がひどく荒れていました。スタッフ達はすぐにテルマを世話してくれる養育主さんを探し始め、養育ボランティアの一人が快く引き受けてくれました。

ひどく痩せ細っていたテルマでしたが、出会った人全てに優しく接していました。さらにテルマは柔らかいものをこねるのが大好きで、養育主さんに会うとすぐに頭を擦りつけてきました。

動物病院で丸一日過ごしたテルマは、荒れていた毛を全てカットしてもらい、随分と気分が楽になりました。「テルマは全身の毛が綺麗になったことで気持ちが軽くなったようで、私達の施設に来た直後よりも随分と輝いて見えるようになりました。」

さらにテルマは尿路感染症の治療を受け、養育主さんの家でケアを続けることになりました。テルマは快適な新しい生活にとても満足していて、たくさんの愛情を感じながら喉をゴロゴロと鳴らし続けているそうです。

テルマは非常に年齢を重ねた猫ですが、強い意志を持っていて、とても勇敢で、適切なケアと快適な環境のおかげですぐに元気を取り戻しました。

テルマは今後も障がいを持っている猫や高齢の猫を専門に受け入れている養育主さんの家で、最期の瞬間まで暮らしていくことが決まったそうです。

テルマは既に生涯の家の中を興味津々で探索していて、柔らかい毛布や枕をたくさん見つけました。またテルマは大きなベッドを猫の仲間と共有するのが大好きで、みんなと一緒に楽しい時間を過ごしているそうです。

「テルマは残りの人生を今の家で暮らしていくことになります。彼女はこの先ずっと養育主さんから無限の愛情を注がれて、必要な場合はすぐに獣医さんの治療を受けることができます。彼女はこれからも美味しいご飯でお腹をいっぱいに膨らませながら、快適なベッドの中で思う存分くつろいで、幸せに満ちた毎日を送っていくことでしょう」とベスト・フレンズ・フィーラインズのスタッフが話してくれました。

こうして22歳で新しい生活を始めたテルマは、生涯の家で幸せな毎日を手に入れることができました。テルマはこれからもたくさんの愛情を受け取りながら、最期を迎える瞬間まで充実した時間を過ごしていくことでしょう(*´ェ`*)
出典:Best Friends Felineslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう