人生に、もふもふを。

多くの試練を乗り越えながら、何とか命を繋いできた野良猫。ついに優しい家族と出会い、長年の夢を実現させる!

0

ある日、6歳の猫『バーニー』がカナダのモントリオールの路上で保護されて、保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』へと運ばれてきました。バーニーは重い病気を患っていて、片方の耳を凍傷で失っていました。

「バーニーは私達の施設からあまり離れていないところで暮らしていました。彼は冬の寒さに何度も耐えながら、これまで何とか命を繋いできました。近所の人達はバーニーに食べ物を与えていましたが、彼の世話をすることはありませんでした」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

食べ物をもらっていたバーニーでしたが、長年の路上での生活で病気を患っていました。また、バーニーの身体には他の動物による傷がいくつもあり、FIV(猫後天性免疫不全症候群)の陽性反応も出ました。保護された時のバーニーは全身から強い臭いがしていて、目からは涙が流れていたそうです。

さらにバーニーの鼻は完全に詰まっていたため、呼吸困難に陥っていました。また全身にダニがついていて、虫歯の治療も必要でした。

そんな多くの問題を抱えていたバーニーでしたが、頭を撫でてもらうととても嬉しそうな姿を見せてくれたそうです。

「バーニーは愛情を欲していて、私達のところに真っ直ぐに歩いてきました。彼はとても大きな頰と大きな身体を持っています。彼が野良猫として暮らしていた頃は、自分の縄張りの王様であり続けなければなりませんでした。」

バーニーは病気の治療のために薬を飲み始めました。そのおかげでバーニーの状態は2ヶ月後には随分と回復していました。

「バーニーは寒い時期を過ごしている時に、多くの病気と怪我をしました。もし保護されるのがもう少し遅かったら、彼はもうこの世にはいなかったことでしょう。」

「バーニーは長く路上で生活してきましたが、今は安全で暖かい場所にいます。私達はみんな、とってもユニークな彼のことが大好きです。」

その後、養育ボランティアのマチルドさんとパトリシアさんがバーニーの世話を始めました。

バーニーは最初、とても緊張していて、人間の気配や物音がするとすぐに物陰に身を隠しました。しかし、養育主さんの愛情を感じると、徐々に変わり始めたのです。

「バーニーは次第に新しい環境を受け入れていき、2〜3週間ですっかり変わりました。」

バーニーはもう何も恐れていません。バーニーは今、大きな幸せを感じていて、人間のことを心から信頼しているのです。「バーニーは注目を得るためにおねだりをしてきて、毎日抱っこを要求してきます。彼は誰かが家に来ると、いつもドアのところで出迎えてくれます。」

「バーニーは私達のことをしっかりと認識しているようで、私達が養育主さんの家に行くたびに、自分の頭を私達の手に押しつけてきます。」

「以前のバーニーはひとりで生きる術を学ばなければならず、野外で厳しい生活を送っていました。でも今は安全な家の中で愛されていて、とっても甘やかされながら過ごしています。」

養育主さんのおかげですっかり人間好きになったバーニーは、お腹のマッサージも要求してくるようになりました。

そして保護から6ヶ月後、ついにバーニーの夢が実現しました!

「バーニーは生涯の家族を見つけました。その家族はとても責任感があり、たくさんの愛情と思いやりを持っています。」

「バーニーは新しい家族にたくさん話し掛け、常に注目を集めようとしています。彼はすぐに家族のことが好きになり、常に後を追いかけるようになりました」とセリーヌさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして何年も路上を彷徨い歩いていたバーニーは、ついに生涯の家を見つけることができました。バーニーは毎日が幸せいっぱいで、いつも大好きな家族に寄り添いながら、ゴロゴロと喉を鳴らし続けているそうです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう