人生に、もふもふを。

年齢と病気のため、引き取り手が現れなかった保護猫。優しい夫婦との運命の出会いを果たすと、毎日が幸せいっぱいに

0

ある夫婦が保護施設で6歳の猫の『レオ』を引き取りました。最初の頃はレオを引き取ろうとは考えていなかった夫婦でしたが、何回も施設に足を運んでいるうちにレオに恋をしたそうです。

レオは夫婦が施設にやって来るたびに喜んで、帰る時にはとても寂しそうな顔をしていました。そのため夫婦はいつも後ろ髪を引かれる思いで施設を後にしていたそうです。

レオは年齢と健康上の問題のため、数ヶ月もの間、里親さんが見つかりませんでした。しかし、夫婦はそのことを全く気にしていませんでした。

こちらは夫婦の家に迎えられた日のレオの姿です。夫婦とは施設で何度も会っていたため、レオは家に着いた瞬間からくつろぎモード全開で過ごし始めました♪

さらに人間のお父さんと息ピッタリの姿を見せるレオ。少し前までソファーの上で楽しく遊んでいたふたりは、ほぼ同時に昼寝を始めたそうです♪

レオは施設に保護される前から歯周病を患っていました。そのため夫婦はレオを迎えると同時に、手術をするための費用を貯め始めました。

夫婦はレオがまだ施設にいた頃に、スタッフ達から手術に費用がかかることを聞いていました。しかし、夫婦はレオを引き取ることを止めませんでした。夫婦にとってレオは、既に大切な家族の一員になっていたのです。

そして2年後。
無事に手術を終えたレオは、今も夫婦と一緒に幸せいっぱいの日々を過ごしているそうです♪

こうしてレオは素敵な飼い主さんに出会い、幸せな毎日を手に入れることができました。レオのように年齢を重ねた猫はなかなか里親さんが見つからず、幸せになれない猫も多くいます。今回のレオと夫婦との出会いはとても幸運なことでした。

もし猫を家族に迎えようと考えている方がいましたら、レオのような年齢を重ねた猫もぜひ候補に入れてみてください。きっと穏やかで幸せいっぱいの猫暮らしを楽しむことができると思いますよ(*´ω`*)
出典:gringalauralovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう