人生に、もふもふを。

優しい養育主さんが大好きになった子猫。徐々に養育主さんの心の奥深くへと入り込み、ずっと願っていた夢を実現させる!

0

ある日、生後1週間の子猫達が保護されて、カナダのモントリオールにある保護施設へと運ばれてきました。まだ幼い子猫達は24時間体制の世話を必要としていたため、施設のスタッフ達は子猫達を引き取ると、すぐに世話を始めました。

保護された子猫達の中に1匹だけとても小さな子猫がいて、身体を大きくするのに苦労していました。その話を聞いた養育経験豊富なジェスさんが子猫を預かり、自宅へと連れて帰りました。ジェスさんはチューブを使って子猫に栄養を与え、身体を温め続け、つきっきりで看護を続けました。

ジェスさんは子猫が命をつなぐことができるか分かりませんでしたが、出来る限りのことをすることを心に決めていました。そんなジェスさんのおかげで子猫は何とか危険な状況を脱し、徐々に元気を取り戻していったのです。

スタッフ達に『マーズ』と名づけられた子猫は、チューブの力を借りずにご飯が食べられるようになりました。しかし、マーズの身体はまだ非常に小さく、シリンジによる食事が必要でした。マーズはさらに体力を回復させるために、一生懸命にご飯を食べて、可能な限りお腹を膨らませました。

ジェスさんはマーズが回復して十分に大きくなったら、生涯の家を探そうと考えていました。そんな中、マーズの話を聞いた地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』が、マーズに良い家を見つけることを約束して、マーズを引き取ることを申し出ました。

「ジェスさんは弱々しかったマーズに2〜3時間おきにご飯を食べさせ、身体が冷えないように温め続けました。そのおかげで衰弱していたマーズは命をつなぐことができました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

マーズは足が少し使えるようになると、自分の力で少しだけ食べ物の方へと近づけるようになりました。そして、その変化がマーズに活力を与え、ついにマーズは体重を増やし始めることができたのです。

その後、シャトン・オルフラン・モントリオールで養育ボランティアをしているコラリーさんが、マーズを自宅へと連れて帰りました。コラリーさんはどこへ行く時もマーズを連れて歩き、毎回マーズにしっかりとご飯を食べさせました。

マーズはいつもお腹がいっぱいになると眠くなり、柔らかい毛布を両手でこね始めました。マーズはいつも近くにコラリーさんがいてくれることが嬉しくて、常に満足そうに過ごしていました。

コラリーさんがマーズの養育を引き受けた時、新しい子猫を家族に迎えるつもりはありませんでした。コラリーさんはマーズを大きく育て、マーズの準備が整ったら生涯の家に送り出そうと考えていたのです。しかし、マーズの方はコラリーさんとは別の考えを持っていました。

養育期間中、マーズはまるでコラリーさんの影のように、常にコラリーさんの後をついて回りました。そして、コラリーさんが座るとすぐに膝の上に登って、頭を擦りつけてから幸せそうに昼寝を始めました。

その後もすくすくと成長を続けたマーズはとても元気な子猫に成長し、家に住む大人の猫達にも怯まずに突撃していくようになりました。マーズの全身からはエネルギーが溢れ出し、遊んでいる時はまさに家の中の王様でした。

そして全力で遊んだ後は、毎回コラリーさんのところに戻って、安心しながら眠りに落ちていきました。

「マーズは小さな鳴き声と大きな瞳で、いつもコラリーさんにおねだりをしています。彼は時々、自分が望んでいるものが手に入るまでずっと、コラリーさんのことを見つめ続けています。」

そんな日々を過ごしているうちに、完全にマーズはコラリーさんの心の奥深くへと入り込んでいました。そのためマーズが里子に出られるようになった時には既に、コラリーさんはマーズのことを手放すことができなくなっていたのです。

「マーズは生後3ヶ月で正式にコラリーさんの家族になりました。それは完全なマッチでした」とセリーヌさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして路上から保護されたマーズは養育期間を終了し、生涯の家族と一緒に幸せな人生を歩み始めました。マーズはこれからも大好きなコラリーさんにたっぷりと甘やかされながら、楽しい毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう