人生に、もふもふを。

川に流され、必死に岩にしがみついていた子猫。近くにいた学生達がとっさに川に飛び込んで、間一髪で幼い命を救い出す!

0

大学生のデイビットさんとサラさんとリリーさんが、ニュージーランドのロワーハットにあるハット川を訪れた時のこと。3人が川岸の石を拾っていると、川の中に幼い子猫の姿を発見しました。子猫はこれ以上流されないように、必死になって岩にしがみついていたのです。

その姿を見たデイビッドさんはすぐに川に飛び込んで、子猫を無事に救出しました。そして、川岸で待っていたサラさんとリリーさんが、子猫をタオルで包んであげたのです。

その後、3人は地元の保護施設『Kitten Inn』を目指して歩き始めました。

「彼らは子猫を助けるために川に飛び込んだだけでなく、4kmほど歩いて私達の施設までやって来ました。そして、私が玄関のドアを開けると、『この子を助けてください』と言ってきたのです」と保護施設のスタッフが言いました。

子猫はその後、暖かい施設の中でたくさんのご飯を食べて、幸せそうに眠り始めました。少し前まで川の中で溺れていた子猫は、無事に穏やかな生活を歩み始めることができたのです。

スタッフ達によって『ウッディ』と名づけられた子猫は、ちょうど施設に入っていた保護猫の親子と一緒に育てられることになりました。

新しいお母さんや兄弟達は独りぼっちのウッディを温かく受け入れて、家族の一員として迎えてくれたそうです(*´ω`*)

こうして危ないところを学生達に救ってもらったウッディは、無事に新しい人生をスタートさせることができました。川に流されてしまった時はどれほど怖かったことでしょう。これからは安全な家の中でたくさんの愛情を感じながら、幸せな毎日を歩んでいくことでしょう。
出典:KittenInnlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう