人生に、もふもふを。

6匹の兄弟と一緒に保護された茶トラの子猫。目立つ容姿と可愛い個性で、家の中にたくさんの幸せを届け続ける!

0

ある日、保護施設『ミニ・キャット・タウン』に7匹の子猫達が運ばれてきました。子猫達はすぐに養育ボランティアのメリットさんの家に行き、そこで24時間体制の世話が行われました。

保護された子猫達のうち1匹だけが茶トラの子猫で、『バッシュフル』と名づけられました。バッシュフルは他の兄弟と容姿が異なっていたため、いつも一番目立っていました。

その後、メリットさんが仕事のためにしばらく家を空けなければならなくなると、子猫達は保護施設のスタッフのローラ・マローンさんの家に移動しました。

「全ての子猫達に哺乳瓶でミルクを飲ませるのは大変なことだったと思いますが、メリットさんはいつも子猫達のお腹をしっかりと満足させていました。彼女のおかげで子猫達は元気に成長することができました」とローラさんが言いました。

「子猫達の中で常に一番目立っているバッシュフルは、いつも満足そうな姿を見せてくれています。彼女はとっても社交的な性格で、好奇心旺盛な子猫です。」

快適な家と美味しいご飯、そしてたくさん愛情で、子猫達はすくすくと成長を続け、確実に体重を増やしていきました。子猫達はトイレの使い方やキャットツリーの登り方を学び、人間の注意を引く方法を理解しました。

最初の頃は少し心配そうな顔をしていたバッシュフルでしたが、愛らしい仕草で人間の注意を引くようになり、抱っこされると一瞬でとろけるようになりました。

バッシュフルは兄弟と一緒に温かい膝の上を共有し、少し変わったお昼寝スポットを見つけるのが大好きです。「私はいつもバッシュフルが不思議な場所で寝ている姿を目にします。彼女のお気に入りのお昼寝スポットの1つが、透明なボウルの中です。」

「また私が養育部屋に入ると、バッシュフルが部屋の真ん中にチョコンと座っていることがよくあります。その姿はとっても愛らしく、いつも私の心を温めてくれます。」

バッシュフルと兄弟(『ドーピー』『スニージー』『ハッピー』『グランピー』『スリーピー』『ドック』)は養育部屋を完全に支配し、部屋の至るところで可愛いイタズラを繰り広げています。

しかし、朝食の時間になると子猫達は一斉にドアの前に集まってきて、息ピッタリの合唱団に変わります。その姿がとっても可愛くて、子猫達は決してご飯をもらうことに失敗することはないそうです(*´ェ`*)

「子猫達はみんなとっても好奇心が旺盛で、私が部屋のドアを開けるたびに、ペアになって部屋から飛び出そうとします。私が1つのペアを捕まえると、今度は別のペアが部屋の外に出ようと試みます。子猫達はいつも私の隙をうかがっていて、チャンスが訪れるたびに部屋を飛び出そうとしています。」

そして、子猫達がご飯でお腹をいっぱいに満たすと、すぐに眠気に襲われて、お昼寝のためにローラさんの膝の上に登ってきます。ローラさんはいつも自分の足が可愛い毛玉に覆われる光景を楽しんでいるそうです。

その後、子猫達が里子に出られるほどに成長すると、子猫達は保護施設に戻って、里親さんとの出会いを待ち始めました。兄弟と一緒に施設に戻ったバッシュフルは、すぐに生涯の家族との出会いを果たしました。

バッシュフルは数週間の養育期間の後、自分が叶えたかった夢を実現させることができました。今は『サンディー』と名前を変えて、新しい家で楽しい毎日を送っているそうです。

サンディーが暮らし始めた家には先住猫が住んでいたのですが、ふたりはすぐに意気投合して、一緒の時間を過ごし始めたそうです。

少し成長した子猫出典:fosterkittyfamily

また、とっても人間好きのサンディーは、いつも家族のことをギュッと抱きしめながら、家の中にたくさんの喜びと笑顔を運び続けているそうです(*´ω`*)
出典:fosterkittyfamilylovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう