人生に、もふもふを。

「今日から僕達は友達だよ!」母親のいない子猫と病弱だった子犬。保護施設でふたりが出会った瞬間、驚くほどの仲良しに

0

ある日、母猫と離ればなれになってしまった子猫の『チッキー』が、保護施設『SVASC』に運ばれてきました。そこでチッキーは1匹の幼い子犬と出会ったのです。

子犬の名前は『ナゲット』。ナゲットはチッキーが保護される前の週に、母犬と2匹の兄弟と一緒に保護されました。しかし、兄弟の中でナゲットだけが重病を患っていて、獣医さんの助け無しでは生きられない状態だったのです。そのため母犬と2匹の兄弟はすぐに新しい里親さんの元へと旅立って行きましたが、ナゲットだけはそのまま保護施設に残ることになりました。

こちらがナゲットとチッキーの姿です。

保護直後に動物病院に運ばれたナゲットは、それから数日の間、病院に入院しながら治療を続けました。その後、体調が安定したナゲットが再び保護施設へと戻ってくると、丁度そこに子猫のチッキーが運ばれてきたのです。

保護されたばかりのチッキーは、ひとりで寂しくケージの中で丸くなっていました。その姿を可哀想に思っていたスタッフ達は、退院したばかりのナゲットを会わせてみることにしたのです。

ふたりは出会った瞬間にお互いの鼻を擦りつけて、さっそく一緒になって遊び始めました。そしてふたりはすぐに仲良くなって、お互いになくてはならない存在になったのです。

病院を退院したばかりだったナゲットは、とても気持ちが不安定でした。しかし、チッキーと出会えたおかげで、次第に心が落ち着いていったそうです。そして、独りぼっちだったチッキーも、ナゲットとの生活で寂しさから解放されました。

まるで兄弟のように仲良くなったふたりは、安全な施設の中で楽しい時間を過ごし始めたそうです。

その後、スタッフ達のおかげでふたりは無事に同じ家へと旅立って行きました。現在は優しい里親さんの元で、幸せいっぱいの暮らしを送っているそうです(*´ω`*)
出典:SVASClovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう