人生に、もふもふを。

生まれた時から隻眼で、常にウインクしている子猫。クリスマス用の箱から助け出されて、幸せいっぱいの毎日を手に入れる

0

子猫の『ヤラ』はガレージに置かれていたクリスマス用の飾りや照明の入った箱の中から見つかりました。ヤラは生まれた時から隻眼で、常に『ウインク』しているように見えました。

ヤラは救出されてすぐに動物病院へと運ばれました。

「ヤラを連れて来た家族は、ガレージで彼女の体調をチェックしている時に、彼女が生まれた時から片目だったのかもしれないと感じたそうです。その後、病院へと連れて来られた彼女は、2週間ほどそこに留まることになりました。彼女を病院に連れて来た家族は、彼女を家に迎え入れようとは考えていませんでした」と後にヤラを引き取ることになったマティさんが言いました。

ヤラは病院にいる間、スタッフ達に愛らしい姿をたくさん見せてくれました。そんなヤラにスタッフの1人がぬいぐるみを贈ると、すぐに抱きついて幸せそうに眠りについたそうです。

スタッフ達はヤラに愛する家と家族が必要だと強く感じました。そこで病院で働いていた女性が、弟のマティさんに子猫を引き取ることができるかを尋ねたのです。

「私はヤラの可愛い姿に抵抗することができませんでした。」

マティさんはヤラの他に、ぬいぐるみの友達も一緒に引き取りました。ヤラは新しい家に着くとすぐに、ここが自分の家だと主張してきたそうです。

ヤラはいつもエネルギーに満ち溢れていて、家の中を元気いっぱいに走り回っています。ヤラは生まれた時から目にハンデがありますが、並外れた個性で全てを補っているのです!

そんなヤラの好きなことの1つは、人間のお父さんの肩に登って、お父さんにすり寄りながら一緒に散歩をすることです。ヤラはお父さんのことが大好きで、お父さんがどこに行っても後を追いかけてくるそうです♪

ヤラはとっても甘えん坊な、家の中の王様なのです(*´ω`*)

こうしてクリスマス用の箱の中から見つかったヤラは、大好きな肩と生涯の家を見つけました。

ヤラは今日も優しいお父さんに寄り添いながら、最高の幸せを感じているのです(*´ω`*)
出典:yarathe1eyedcatalovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう