人生に、もふもふを。

迷子の子猫を温かく迎え入れた大型犬。幼かった子猫にたくさんの愛情を注ぎ、幸せいっぱいの猫へと成長させる

0

ある日、モーガンさんが農場の裏にある林の中から聞こえてくる子猫の声に気づきました。「私達は子猫がいる場所が分からなかったため、愛猫に子猫の捜索を手伝ってもらいました。愛猫は匂いを嗅いで、子猫の居場所を突き止めました」とモーガンさんが言いました。

子猫は切り株の中で独りぼっちになっていて、助けを求めて鳴いていました。モーガンさんは母猫の帰りを何時間も待ちましたが、残念ながら母猫が戻ってくることはありませんでした。そこでモーガンさんは子猫を自宅に連れて帰り、『ポリー』と名づけて世話を始めました。

「ポリーはまだ物を見ることができず、全身がノミに覆われていました。私達の愛犬のパックスは、幼いポリーのことを出会った日から愛していました。」

一方のポリーもパックスに温かい愛情を感じたようで、最初のお風呂から上がるとすぐに、パックスに寄り添い始めました。

パックスはポリーの食事が終わるのをいつもそばで辛抱強く待っていました。そしてポリーがご飯を食べ終わると、腕の中に迎え入れて、優しく毛づくろいを始めました。

そんなパックスのおかげでポリーは常に愛情を感じることができ、歩けるようになると、いつもパックスの後を追うようになったのです。

「家で暮らす猫達はみんな数週間ポリーと距離を置いていたため、自然とポリーはパックスのマネをして、犬のように行動するようになりました。この時のポリーの世界には、パックスと私と夫だけしかいませんでした。」

パックスとポリーはいつも一緒に行動し、ポリーが成長するにつれて、ふたりの絆はさらに深まっていきました。

愛情深いパックスはポリーとベッドを共有し、同じオモチャで一緒に遊びました。またパックスはポリーに犬としての生き方を教えて、ポリーのイタズラにも怒ることはありませんでした。

パックスが日課の散歩に出かけると、ポリーはいつもパックスの帰りを玄関のそばで待っています。そしてパックスの姿が現れると、早く家に入るようにパックスに向かって『吠え』始めます。どうやらパックスに育てられたポリーは、自分のことを犬だと思っているようです。

そして朝を迎えるとふたりは玄関のそばに座って、太陽の光を浴びながら、外の様子を見守り始めるのです。

こうして迷子だったポリーはパックスのおかげですくすくと成長し、心を開花させることができました。今のポリーは家族全員のことが大好きで、特にパックスのことを一番に想っているのです。

ポリーはとってもお茶目で、イタズラ好きで、いつも元気いっぱいに遊び回っています。そして、たくさん遊んだ後は必ずパックスの元に戻ってきて、満足そうに夢の世界へと旅立って行くそうです(*´ω`*)

この猫の記事を友達にシェアしよう