人生に、もふもふを。

生まれた時からの障がいにも負けず、元気いっぱいに生きる子猫。温かい愛情とたくさんの努力で、ついに歩き始める!

0

ある日、2匹の妊娠中の野良猫が保護されて、地元の保護施設『フォスター・ベビー・キャッツ』に運ばれてきました。保護施設の創設者のジリアンさんは猫達を温かく迎え入れて、子育てのための安全な場所を提供しました。

そして約1週間後、明るい色の三毛猫が『ビーン(茶トラ)』という名前の75gの子猫を出産しました。ビーンはとても小さな身体をしていましたが、生きたいという強い意志を持っていました。

それから3日後、『ブリトー(キジトラ)』という名前の2匹目の子猫が生まれました。ビーンとブリトーの兄弟は早速、お母さんのお腹に並んでたくさんのミルクを飲み始めました。

その後、子猫達が成長するにつれて、ジリアンさんはビーンが他の子猫とは少し違っていることに気づきました。ビーンはブリトーよりも小さく、足がねじれていました。

「私はビーンが幸せに暮らしていけるように、できる限るのことをする決心をしました」とジリアンさんが言いました。

24時間体制のケアとたくさんの愛情で、ビーンとブリトーは着実に体重を増やしていきました。ふたりはお互いにお腹をミルクで膨らませ、食事の後はいつも丸いお腹を誇らしげに見せてきました。

獣医さんの診察を受けた後、ビーンは軟骨異栄養症(骨と軟骨の障がい)と水頭症(脳室に過剰な脳脊髄液が貯留した状態)であることが分かりました。

そんな状態にもかかわらず、ビーンは毎日を精一杯生き続けました。ビーンはブリトーの後を一生懸命に追って、ブリトーと同じことをしようとしました。

ジリアンさんはビーンの状態を常にチェックして、最善のケアを続けました。またジリアンさんはビーンを定期的に運動させて、ストレッチを行い、足を強化するためのサポートを続けました。

さらに物理療法とウォーキングで、ビーンの運動能力を向上させました。「私はビーンの上半身を支えながら、彼がひとりで歩けるように何度も練習をしました。」

一方のブリトーはビーンの一番の応援者でした。ブリトーはビーンと一緒に歩いたり走ったりして、ビーンの運動のサポートを続けました。

そんなブリトーやジリアンさんのおかげで、ビーンは僅か数週間で歩行を大幅に改善させ、自分の周りを歩き回れるようになりました。ビーンは毎回しっかりと運動した後、エネルギーを充電するためにブリトーに寄り添いながら眠りにつくそうです。

「ビーンは現在も少しずつ筋肉量を増やしていて、自分に最適な身体の動かし方を学んでいます。」

ビーンは生まれた時から障がいを抱えていますが、それがビーンの行動を止めることはありません。ビーンは最高の人生を送る決意をしていて、愛らしい個性が現れ始めているのです。

「ビーンはいつも幸せそうに過ごしています。彼が自分の人生を楽しんでいる姿を見るのは、本当に嬉しいことです」とジリアンさんが話してくれました。

ビーンは今日も元気いっぱいに歩き回っています。ビーンはこれからも様々なことを学びながら、愛情に満ちた幸せな毎日を送っていくことでしょう。
出典:fosterbabycatslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう