人生に、もふもふを。

ふたりで力を合わせて生きていた子猫達。厳しい冬を迎える直前に保護されて、暖かい家の中で幸せな毎日を送り始める

0

ある日、カナダのモントリオールに住む女性が、家の外で母親のいない2匹の子猫を見つけました。女性は子猫達の兄弟を探しましたが、見つけることはできませんでした。その後、女性は子猫達を見守りながら母親の帰りを待ちましたが、夜になっても母親が姿を現すことはありませんでした。

子猫達のことを心配した女性は、子猫達を世話することに決めました。女性は簡易的なシェルターを作って、水とご飯を食べさせ、母親が帰ってくることを願いました。

翌朝、目を覚ました女性が子猫達の様子を見に行きましたが、母親が帰ってきた気配はありませんでした。

女性は子猫達を救い上げて家の中に連れて行き、地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に助けを求めました。

「私達が子猫達を世話する前に、女性が子猫を保護して、ご飯を食べさせ、身体を温めてくれました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

保護施設のスタッフ達は子猫達に『シリウス』と『セレスティン』と名づけました。子猫達はスタッフ達に愛情を注がれて、世話をしてもらえることにとても興奮していました。子猫達は最初から甘えん坊で、誰かに撫でられるとすぐに喉のゴロゴロスイッチをオンにしました。

子猫達は獣医さんのところに行った後、養育主さんの家へと向かいました。「子猫達は最初、新しい環境に戸惑っているようでしたが、すぐに好奇心が湧き出して、楽しそうに遊び始めました。」

「子猫達は私達の施設で養育ボランティアをしているマノンさんとアナイスさんの力を借りて、すくすくと成長を続けています。」

子猫達は家の中で暮らし始めてからも、以前と変わらず切っても切れない関係です。「ふたりは全てのことを一緒に行い、お互いの視界の外に出ることはありません。ふたりはとっても遊び好きで、他の猫ともすぐに仲良くなりました。」

「毎朝、ふたりは人間のベッドで喉を鳴らし、一緒に飛び跳ねています。ふたりはいつの養育主さんの注意を引こうとしてきて、ハグされるのが大好きで、撫でられるとすぐに喉を鳴らし始めます。」

子猫達は昼寝の時間も決してひとりになることはありません。子猫達は自分達のベッド以外にも、キャットツリーの上や人間用のベッドで幸せそうに寄り添い合っているのです。「ふたりが遠く離れることはありません。ふたりは信じられないほどの絆で結ばれています。」

子猫達は容姿が似ているだけでなく、性格もとてもよく似ています。保護施設のスタッフ達は子猫達が常にそばにいることを知っているため、ふたりを一緒に引き取ってくれる家族を探すことに決めているそうです。

子猫達は今の温かい暮らしに満足していて、毎日を元気いっぱいに過ごしています。きっと子猫達は新しい家に行ってからもお互いに愛情を注ぎ合いながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう