人生に、もふもふを。

玄関先に置き去りにされていた子猫達。手遅れになる直前に保護されて、温かい家族の元で幸せいっぱいの人生が始まる

0

ある日、カナダに住む家族が玄関先で母親のいない子猫達の姿を見つけました。家族は母猫が戻ってくるのを待ちましたが、結局母猫が姿を現すことはありませんでした。

家族は衰弱した子猫達を家の中に連れて行き、哺乳瓶でミルクを与えようとしました。しかし、子猫達がミルクを飲むことができなかったため、保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』に助けを求めました。

子猫達は約5週齢で、非常に痩せ細っていました。子猫達の身体はとても小さく、食べることに苦労していました。家族はすぐに車を走らせて、1時間かけて保護施設へと連れて行き、子猫達をスタッフに手渡しました。

「子猫の兄妹は危険な状態で施設に運ばれてきました。私達はふたりに『マウイ(茶トラ)』『アテナ(灰色)』と名づけ、24時間体制で病気の治療とミルクの世話を始めました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんが言いました。

子猫達は年齢の半分ほどの大きさしか無く、頭を上げるための十分な力もありませんでした。子猫達は非常に弱々しく、痩せ細っていましたが、お互いのそばから離れることなく、全ての力を使って生き延びようとしていました。

子猫達は切っても切れない関係にあり、絶えずお互いのことを励まし合っていました。

「ふたりは優しい家族のおかげで何とか命をつなぐことができました。ふたりは重度の栄養不足でしたが、生きるために戦い続けました。」

その後、少し元気を取り戻した子猫達は、驚くほどの勢いでミルクを飲み始めました。子猫達はまだ胃に問題を抱えていましたが、毎回できるだけたくさんのミルクを飲んで体力を回復させようとしていました。

「ふたりは力を取り戻すまでの間、1日のほとんどの時間を眠って過ごしました。ふたりは常にくっついていて、昼寝の時もお互いを温め合いながら眠っていました。」

「ふたりは2〜3時間おきに養育主さんからミルクを飲ませてもらい、約1週間が過ぎた頃から少しずつ体重を増やし始めました。」

マウイはアテナよりも多くの問題を抱えていて、回復するためにはより多くのケアと時間が必要でした。アテナはそんなマウイのことを心配して、いつもそばで応援していたそうです。

そして2週間の集中治療の後、子猫達は完全に回復しました。子猫達は急激に成長を始め、より大きく、より強く、より活発になったのです。

「ふたりはたくさんの愛情を注がれながら成長しました。ふたりは養育主さんのことが大好きで、養育主さんがミルクを持ってくるたびに、腕に登って大きな声で鳴き始めます。」

子猫達は優しい養育主さんの力を借りてあらゆるハードルを乗り越え、明るい未来へと歩み始めることができたのです。

「養育主さんの献身的な看護がなければ、今頃ふたりはこの世にはいなかったことでしょう。」

「発達が遅れていたマウイは、ようやく他の子猫達のサイズに追いついてきました。彼はまだ小さいですが、いつもお腹をいっぱいに満たしていて、全身からエネルギーが溢れています。」

マウイは赤ちゃんのように抱っこされるのが大好きで、毎日たくさんのハグを要求してくるそうです。

「アテナは勇敢な子猫です。彼女は何も恐れておらず、とてもフレンドリーで冒険好きです。」

子猫達はもうご飯や避難場所の心配をすることなく、養育主さんの元で確実に成長を続けているのです。

子猫達は現在、固形食の食べ方を学んでいて、日に日に好奇心旺盛のヤンチャな子猫になっているそうです。

こうして危険な状態で保護された子猫達は、暖かい家の中で暮らすことができるようになりました。子猫達がもう少し大きくなったら里親探しが始まりますが、きっと愛情いっぱいの子猫達の元には素敵な里親さんが現れることでしょう。
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう