人生に、もふもふを。

母親のいない子猫の叫び声を聞いた猫。すぐに子猫の元に駆けつけて、新しいお母さんになる

0

トルコに住む『バンビ』という名前の猫は、母親のいない子猫達への大きな愛情を持っています。バンビは飼い主のエジーさんが初めて保護子猫を自宅に連れ帰って以来、多くの子猫達の母親役を引き受けてきました。バンビは困っている子猫達を放っておくことのできない、とっても優しい心の持ち主なのです。

バンビはエジーさんが新しい子猫を連れ帰るたびに優しく迎え入れて、すぐに毛づくろいを始めます。

ある日、『シルベスター』という名前の生後2〜3週の子猫が来た時も、バンビは温かく迎え入れてくれました。シルベスターは2日間、独りぼっちで家の外を彷徨い歩いていたそうです。

エジーさんがシルベスターをバンビに会わせると、バンビは早速毛づくろいを始めました。そんなバンビの優しさにシルベスターも安心したようで、すぐに幸せそうな姿を見せてくれたそうです。

その3日後、エジーさんは自宅の庭で小さな子猫を見つけました。『ジュニア』と名づけられた子猫は、とても人間のことを怖がっていて、エジーさんの姿を見ると凍りついたように固まってしまったそうです。ジュニアの片目は感染症で開かなくなっていたため、薬による治療が必要でした。

「近所の子供達の話では、少し前に母猫が2匹の子猫を連れて、この辺りに引っ越してきたそうです。私はジュニアの兄弟を探しましたが、見つけることができませんでした」とエジーさんが言いました。

エジーさんがジュニアを連れて家に帰ると、すぐにバンビの母性本能が燃え上がりました。バンビは早速ジュニアに寄り添いながら毛づくろいを始め、幸せそうに喉を鳴らし続けました。

エジーさんはその後もジュニアの兄弟を探し続けました。そしてそれから2日後、家の外からニャーニャーという鳴き声が聞こえてきたのです。

「私が外に出ると、家の近くの空き家の階段で1匹の子猫の姿を見つけました。それは近所の子供達が話していたジュニアの兄弟でした。子猫は2日間地下に隠れていて、ようやく外に出て来たようです。私は子猫をすぐに保護して、自宅へと連れて帰りました。」

エジーさんがバンビに新しい子猫を紹介しようとすると、子猫の叫び声を聞いたバンビが自ら駆け寄ってきて、すぐに毛づくろいを始めたそうです。

「最終的に私は3匹の子猫達を養育することになり、バンビは子猫達の母親になりました。子猫達はみんな母親の温もりを必要としていて、バンビは全ての子猫達にそれを提供しています。バンビはいつも子猫達を清潔に保ち、子猫達に危険が無いかを常に確認しています。」

バンビは今から数年前に車のエンジンルームから助け出された猫でした。エジーさんはバンビを健康な状態に戻し、そのまま家族の一員として迎えたのです。

エジーさんのおかげで愛情深い猫へと成長したバンビは、助けが必要な子猫達を自ら育てるようになりました。「私がやらなければいけないことは、子猫達にご飯を食べさせてあげることだけです。後はバンビが本当のお母さんのように育ててくれます。」

そんなバンビに育てられている子猫達も、バンビの温かさにお母さんの愛情を感じているようです。

きっとこれからもバンビは困っている子猫達に手を差し伸べ、愛情いっぱいの猫へと成長させていくことでしょう(*´ω`*)
出典:happycatfamilylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう