人生に、もふもふを。

路上から助け出された独りぼっちの小さな子猫。人間の肩の上に安心すると、幸せな子猫へと生まれ変わる (*´ェ`*)

0

ある日、路上を彷徨い歩く独りぼっちの小さな子猫が見つかりました。子猫は手の平サイズで、たくさんの愛情を望んでいました。

子猫を見つけた人達は、子猫に助けが必要だと感じ、地元の保護施設『レン・レスキューズ』に連絡をしました。「保護された子猫はとても身体が小さく、実際の年齢は約4週齢でしたが、1週齢ほどの大きさしかありませんでした」と保護施設のアリッサ・スミスさんが言いました。

その後、アリッサさんから子猫の話を聞いた養育ボランティアのエリンさんと11歳の息子のクリス君は、子猫を自宅で養育することを決めました。そして二人が子猫を引き取りに行くと、子猫がどれほど小さいかを理解しました。

「子猫の体重は僅か240gほどでした。彼は本来の半分ほどの大きさしかなく、全身の毛がボサボサになっていました。私達は彼の姿がネズミのように見えたため、彼を『マウス』と名づけました」とエレンさんが言いました。

二人はマウスの身体を綺麗にし、2〜3時間ごとに少しずつご飯を食べさせ続けました。

二人のおかげですぐに新しい環境に慣れたマウスは、温かい肩の上に乗って、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らし始めました。どうやらマウスは保護されてすぐに肩の上が大好きな場所になったようです。

「マウスは肩の上がとても気に入っていて、1日に何時間も肩の上に座って辺りを眺めています。」

それから数日が経つと、マウスは少しずつ体重を増やし始めました。

マウスはまだとても小さな身体をしていますが、いつも元気な姿を見せてくれています。そんなマウスが足の使い方をマスターすると、すぐに部屋中を走り回るようになりました。

「マウスがいつも望んでいる場所は、一番近くにある肩の上で、彼は可愛い足を一生懸命に動かしながら肩の上に登ってきます。」

マウスは食欲が旺盛で、毎日着実に体重を増やしていっています。また成長と共に様々なことを学んでいて、日に日にできることが増えているそうです。

「マウスはいつも私達に寄り添いながら、愛らしい姿を見せてくれています。幼い子猫の養育は大変なことも多いですが、子猫が成長していく姿に、私達はいつも大きな幸せを感じています。」

「私とクリスは常にマウスの最大の応援団です。彼が1ポンド(約453g)を超えた時、私達は盛大なパーティーを開きました。」

さらにマウスの養育を飼い猫の『オレオ』も手伝ってくれました。オレオはいつも保護された子猫達を温かく見守り、優しく世話をしてくれているそうです。

そんなオレオの力も借りながら、マウスはすくすくと成長を続けています。マウスは生まれてすぐに辛い時期を過ごしましたが、現在は喉をゴロゴロと鳴らし続け、家族の愛情に大きな幸せを感じているのです。

「マウスは遊び方を学び、毛布をこねて、オモチャを追いかけて、喉をゴロゴロと鳴らしています。彼は本当に宝石のように輝いていて、毎日少しずつ時間をかけて成長しています」とエリンさんは話してくれました。

こうして路上から助け出されたマウスは、保護されてすぐに幸せを感じることができました。マウスはこれからも大好きな肩の上に乗りながら、元気いっぱいの日々を過ごしていくことでしょう(*´ω`*)
出典:wrennrescueslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう