人生に、もふもふを。

前足が開き切った状態で歩けなかった子猫。多くの愛情で元気に駆け回れるようになり、別の保護子猫の人生を大きく変える

0

ある日、歩くことが困難な迷子の子猫が見つかりました。子猫は必死に動き回ろうとしていましたが、前足が外側に開いていたため、思い通りに進むことができませんでした。

子猫を見つけた人達から連絡を受けた保護施設『ラブ・ユア・フェーラル・フィーライン』は、ためらうことなく子猫を迎え入れました。そして子猫が4本足で歩けるようにするために、すぐに治療を始めたのです。

子猫はスイマー症候群という珍しい発達異常と診断されました。子猫は保護から数週間の間、獣医さんの元で集中治療を受けて、養育ボランティアのヘザー・トーマスさんの家でリハビリを続けることになりました。

ヘザーさんと娘のキーリーは、子猫に『メロディー』と名づけました。

「メロディーのスイマー症候群は、一般的な症状とは異なっていました。多くの場合、その症状は後ろ足に現れます」とヘザーさんが言いました。

「私達は毎日メロディーのストレッチを行い、物理療法で治療を続けました。また数週間の間、包帯と副木を使ってヘザーの前足が外側に開かないようにしました。」

ちょうどヘザーさんがメロディーの治療を始めた頃、『ポコ』という名前の子猫とその妹がヘザーさんの家にやって来ました。子猫達はとても体調が悪く、残念ながらポコの妹は家に来てすぐに息を引き取ってしまったそうです。

それ以来、ポコは片時もひとりになりたくなくて、ヘザーさんのそばから離れようとしませんでした。

ヘザーさんや家族はポコが寂しさを感じないように、暖かい毛布で包み、耐えずそばに寄り添い続けました。

そしてポコの体調が回復した時、ヘザーさんはポコに数匹の保護子猫を紹介しました。するとポコはすぐにメロディーのことが好きになり、いつも一緒にいるようになったのです。

「ポコはとても恥ずかしがり屋ですが、メロディーと一緒にいるととても安心するようです。ふたりはいつも一緒に保温マットの上にいます。ふたりの姿はとても愛らしく、いつも私達の心を温めてくれています。」

ポコは優しいメロディーのおかげで、ついに自分の殻を破ることができました。ポコは常にメロディーの後を追って、一緒に走り回るようになったのです。

そんなポコの存在が、メロディーの足の回復に大きな役割を果たしました。

「メロディーはポコと一緒に遊ぶことで、前足が強くなり、他の子猫のように動き回ることができるようになりました。ふたりは奇跡の子猫達で、お互いになくてはならない存在です。」

こちらは歩けるようになってきたメロディーの姿です。

家には他の保護子猫達もいましたが、メロディーとポコは特別な絆で結ばれています。

「私達は毎日、ふたりが一緒に横になっている姿を目にします。ふたりはあまり他の子猫とは一緒に横にならず、ほとんど遊ぶこともありません。ふたりはお互いのことが本当に好きです。」

これまで長い道のりを歩んできたメロディーとポコですが、優しい人達のおかげでついに里子に出る準備が整いました。

保護施設のスタッフ達はふたりのために、静かな環境と柔らかい床を用意することのできる、特別な家族を見つけようと考えているそうです。「メロディーは時々、装飾のあるテーブルの足や木製の床で足を滑らせることがあります。でも彼女は毎日を元気いっぱいに過ごしています。」

「私達はふたりの進歩をとても誇りに思っています。ふたりはお互いに多大な影響を与え合っていて、これから先もずっとお互いのそばから離れることはないでしょう。」

「メロディーはみんなのおかげで走ったり、跳んだり、遊んだりすることができるようになりました。メロディーの足の回復は、少しの思いやりが人生を大きく変えることを証明してくれました」とヘザーさんが話してくれました。

こうして前足が開いていたメロディーと独りぼっちになったポコは、新しい人生をスタートさせることができました。これからもふたりはお互いに愛情を注ぎ合いながら、いつまでも幸せな毎日を送っていくことでしょう。
出典:the2poundkittenclublovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう