人生に、もふもふを。

農場で助けを求めて鳴いていた、独りぼっちの迷子の子猫。助けてくれた女性の優しさが嬉しくて、毎日が幸せいっぱいに!

0

ある日、動物の保護活動を行なっているアシュリー・モリソンさんが、農場で働いている人達から迷子の子猫についての連絡を受けました。

「彼らは助けを求める子猫の叫び声を聞きました。でも子猫はコンクリートのトンネルの中にいたため、彼らは子猫が出てくるのを待つことしかできませんでした」とアシュリーさんが言いました。

農場で働いている人達はずっと子猫が出てくるのを待ち続け、ついに子猫の保護に成功したのです。

子猫を保護した人達は子猫に『シンディ・ルー・フー』と名づけ、しばらく看護を続けました。そしてシンディが元気を取り戻すと、アシュリーさんの元へと連れて行ったのです。

シンディは新しい家に着くとすぐに家の中の探索を始め、最後はアシュリーさんの膝の上で眠りにつきました。

「シンディは遊び好きのヤンチャ者で、とってもハグ好きの甘えん坊です。」

シンディは自分が愛されていることを知っていて、家のいたるところでアシュリーさんの後を追いかけました。そしてアシュリーさんがソファーの上で横になるたびに、幸せそうに一緒に眠り始めるのです。

アシュリーさんはシンディが寂しさを感じないように、『ジャック』という名前の先住猫を紹介しました。ジャックは家に来た全ての保護子猫達を温かく迎え入れて、アシュリーさんの養育をいつも手伝ってくれていました。

そして今回もジャックは、シンディに会うとすぐにたくさんの愛情を注ぎ始めました。ジャックはシンディと一緒にオモチャで遊び、常にシンディのことを見守りながら、優しく世話を続けました。

「ジャックはいつもシンディの近くで過ごしながら、猫としての生き方を教えています。」

シンディはジャックが何度か階段を使う姿を見た後、勇気を出して大きな一歩を踏み出しました。シンディはジャックのおかげですぐにコツを掴むことができ、階段の登り降りを見事にマスターすることができたのです。

またシンディは常にジャックの行動を注意深く観察し、特別な容器からオヤツを取る方法も会得しました。

そしてジャックから一日中色々なことを学んだシンディは、そのままジャックの隣で幸せそうに眠りにつくそうです。

「シンディはとっても活発で幸せな女の子です。彼女はオモチャで遊んで、背中でゴロゴロと転がって、いつも幸せそうに寄り添っています」とアシュリーさんは嬉しそうに話してくれました。

シンディは農場から救い出されて以降、驚くほどの変化を遂げました。シンディは室内生活をとても愛していて、温かい家族がいることに大きな幸せを感じているのです。

シンディはまだ多くのことを学ぶ必要がありますが、毎日確実に成長を続けています。シンディはいつもたくさんの愛情に囲まれながら、幸せな未来へと歩み続けているのです。
出典:youngestoldcatladylovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう