人生に、もふもふを。

納屋に迷い込んだ幼い子猫。そこで出会った夫婦の元に一直線に歩いてきて、「一緒に連れて行って」と強く主張してきた!

0

ある日、クレアさんと夫のカイルさんが納屋で仕事をしていると、迷子の子猫が一直線に向かってきました。「子猫は少し身体を震わせながら、私達の方へと近づいてきました。そして彼女は私達の後をついてくるのを止めませんでした」とクレアさんが言いました。

納屋の近くには野良猫が住みついていたため、夫婦は避妊手術のために何度か捕まえようと試みましたが、上手くいきませんでした。迷子になっていた子猫はとても幼かったため、夫婦は母猫が帰ってくるのを待つことにしました。「私達は子猫が最初にいた場所に彼女を戻しましたが、彼女はすぐに私達のところに戻ってきました。」

子猫は夫婦と一緒にいることを主張し、決して「No」とは言わせませんでした。

しばらくして夫婦はついに母猫を見つけましたが、残念ながら母猫は子猫に興味を示さず、子猫から離れていってしまいました。このままでは子猫が生き残れないと感じた夫婦は、子猫を保護して、世話をすることに決めました。

「母猫は子育てに興味が無いようでした。そのため私達は子猫を自宅に連れて帰り、彼女の身体を温かく保ちました。彼女はこの時すでに私達の心を盗んでいました。」

夫婦は子猫に『ミリー』と名づけて世話を始めました。ミリーはまるで自分の家にいることを知っているかのように、クレアさんに寄り添いながら眠りに落ちていったそうです。

その後、ミリーは先住犬の『サディー』とも強い絆で結ばれました。サディーはミリーのお姉さんのような存在になり、ミリーがかまって欲しい時はいつまでも寄り添ってあげているそうです。

ミリーは優しい家族のおかげですっかり新しい生活に溶け込み、いつもみんなに甘えているそうです。

夫婦がミリーを動物病院に連れて行く時も、ミリーはカイルさんの腕の中で丸くなって、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らしていました。この時のミリーは約3週齢で、一日に何度もミルクを飲ませる必要がありました。

それから2週間の間、夫婦はミリーを毎日仕事に連れて行き、数時間おきにミルクを飲ませました。また帰る時もミリーを抱っこしながら帰宅して、夜も一緒に寄り添いました。

完全にミリーの保護者になったサディーも、決してミリーのそばから遠く離れず、ミリーが鳴くとすぐに駆け寄りました。サディーはミリーのことを常に気にかけていて、一つ一つの成長を温かく見守っていました。

そんな家族のおかげでミリーは飛躍的に成長し、好奇心が溢れ出し、元気いっぱいの子猫になりました。ミリーはいつもサディーのことをもみくちゃにしますが、サディーは何をされても許してあげるそうです。

「ミリーはエネルギーの塊です。そんな彼女が遊び疲れると、私達のところにやって来て丸くなります。その愛らしい姿を見ながら、私達はいつも彼女に出会えたことに心から感謝しています。」

「ミリーは私達の家に驚くほどたくさんの笑顔と幸せを運んで来てくれました。」

こうして迷い込んだ納屋で夫婦の元に一直線に近づいてきたミリーは、幸せな生活を手に入れることができました。これからもミリーは家族みんなに甘やかされながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:marvelousmiss_millicentlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう