人生に、もふもふを。

独りぼっちだった小さな子猫。優しい家族との出会いで元気を取り戻すと、病気で閉じられていた瞳に再び輝きを取り戻す!

0

ある日、フロリダで動物保護活動を行なっているベス・ウォルデンさんが、つきっきりの看護が必要な手の平サイズの子猫を受け入れました。子猫は母猫に置き去りにされてしまったようで、独りぼっちのところを保護されました。子猫の年齢は3週齢でしたが、栄養不足のため新生児ほどの大きさしかありませんでした。

子猫はとても弱々しくて、食べることに苦労していました。ベスさんはそんな子猫に一晩中ミルクを少しずつ与え続け、子猫を死の淵から救い出しました。

ベスさんは子猫の目を綺麗にして、感染症の治療を行いました。ベスさんは子猫の目が再び見えるようになるか分かりませんでしたが、子猫を治すためにできる限りのことをする決心をしていました。

それから何日も眠れない夜を過ごしたベスさんのおかげで、『ギネス』と名づけられた子猫は元気を取り戻し、徐々に力強くなっていきました。そして、ギネスがシリンジからご飯を食べられるようになると、食欲が大きく改善し、お腹がふっくらとするまでご飯が食べられるようになったのです。

ギネスは食事が終わると必ずベスさんに寄り添って、満足そうに眠りにつきました。「ギネスはとても弱々しい状態でしたが、生きたいという強い意志を持っていました。彼は抱きしめられるのが大好きで、眠っている時の表情はまるで笑っているように見えます」とベスさんが言いました。

ギネスが完全に感染症から回復すると、その大きくて青い瞳が輝き始めました。ギネスはまだ年齢よりも随分と小さいですが、他の子猫と同じように遊んだり、歩いたりすることができるようになったのです。

「ギネスは昼寝の前に柔らかいものをこねるのが好きです。またギネスはフワフワの毛布に顔を擦りつけるのも好きです。」

5週齢になったギネスは、2週齢の子猫と同じサイズになりました。ギネスの身体は非常に小さいため、その分青い瞳がとても大きく見えるそうです。

その後、ギネスが他の猫と会う準備を整えると、ベスさんは先住猫の『タイニー・パンツ』を紹介しました。タイニーはすぐにギネスの元に向かい、優しく毛づくろいを始めました。

その日以来、タイニーはギネスを熱心に毛づくろいするようになりました。タイニーがギネスを毛づくろいする時はいつもギネスをしっかりと抱きかかえて、どこにも行かせないようにしているそうです。

一方のギネスもタイニーのことをとても尊敬していて、タイニーがすること全てを観察し、一生懸命にマネをしています。

そのおかげでギネスはトイレの使い方を覚え、容器からご飯を食べる方法を身につけました。そんな様々なことを確実に吸収していくギネスのことを、タイニーはいつも誇りに思っているそうです。

ギネスは成長とともに耳とシッポの模様が黒くなっていきました。

また好奇心が溢れ出したギネスは、とてもイタズラ好きの子猫になりました。ギネスはベスさんの家で暮らす他の動物達よりも遥かに小さいですが、いつもみんなに戦いを挑んでいるそうです。

そして、たくさん遊んだ後は必ずベスさんの膝の上に戻ってきて、愛らしい姿で甘えてくるそうです。

ギネスの身体はまだまだ小さいですが、その中には驚くほどのエネルギーが詰まっていて、いつも元気いっぱいに家中を走り回っているのです。

こうして母猫に置き去りにされてしまったギネスは、保護先の家で新しい家族に出会うことができました。ギネスはこれからもたくさんの愛情を注がれながら、すくすくと成長していくことでしょう。
出典:the_kitten_guinnesslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう