人生に、もふもふを。

オンライン会議中にヒョッコリ現れた子猫。養育主さんの仕事を手助けしようと何度も画面に登場し、みんなの心を鷲掴みに♡

0

3週間前、ワシントンで養育ボランティアをしているスージーさんの元に、人工哺乳を必要としている迷子の子猫がやって来ました。まだ目も開いていない幼い子猫は、スージーさんによって『ツナ』と名づけられました。

「ツナは野良猫のコロニーでひとりでいるところを発見されました。このコロニーで暮らしている猫達は、TNR活動によって去勢や避妊手術を受けた猫達です」とスージーさんは言いました。

ツナはコロニーで猫達の世話をしている女性によって保護されて、保護施設へとやって来ました。それから2日が経つ頃にはツナは随分と落ち着いて、大きな音でゴロゴロと喉を鳴らし始めたそうです。

スージーさんの家で過ごし始めたツナは、一日も経たないうちに膝の居心地の良さに気づき、たくさんのご飯を食べるようになりました。ツナはいつもご飯を食べ終わると、喉のゴロゴロスイッチをオンにするそうです。「ツナはとってもおしゃべりで、目を覚ましている時はいつもたくさんのことを伝えてきます。」

「ツナは私の膝の上が本当に好きで、私が自宅で仕事をしている時も膝の上で過ごしています。」

保護から2週間でツナの大きさは2倍になり、目が開き始めました。ツナはスージーさんの声に反応し始め、愛らしい個性が開花し始めました。

目が開いたツナは好奇心がさらに増して、スージーさんがしていることの全てを知りたいと思うようになりました。

「ツナが起きている時は、常に私のそばにいたいと思っています。そして私も彼女のお腹を一日中撫でていたいと思っていますが、私は仕事をする必要があります。そのため私はカンガルーのように、ツナをポケットに入れたまま移動するようになりました。」

ツナはスージーさんの可愛いアシスタントで、毎日自宅での仕事を手伝ってくれています。

「ツナはいつも私に寄り添ったり、私と一緒に辺りを見回したりしています。それは会議の時も同じです。私は他の同僚に知られないように、彼女と一緒にオンライン会議に参加していました。」

「私は会議の最中にこっそりとツナにご飯を食べさせたり、トイレの手伝いをしていました。そんなことを何度も繰り返しているうちに、私は誰にも気づかれずにツナの世話をすることが上手になりました。」

そんなある日のこと、好奇心旺盛なツナが会議中にカメラの前に飛び出してきて、みんなの目を釘付けにしました。そしてツナは一瞬でみんなの心をとりこにしたのです。

「ツナはその日、遠く離れた場所にいる同僚達に挨拶をしました。」

「ツナは暖かくて居心地の良いノートパソコンの下がお気に入りです。私がミーティングに参加している時も、彼女はよくその場所で眠っています。」

そんな愛らしいツナはみんなの注目を集めるのが好きで、この家に住む『アリ』という名前の猫とも仲良く過ごしています。

「アリはいつも保護された子猫達のお父さん代わりになってくれています。彼は子猫達を優しく慰めたり、しっかりと毛づくろいをしてくれています。」

アリのたくさんの愛情を受け取りながら、ツナはすくすくと成長を続けているのです。

そんなツナのオフィスでの仕事の一つに、スージーさんが書類をチェックしている時に、居眠りしながら膝を温めることがあります。少し前まで路上で独りぼっちだったツナですが、今ではすっかりオフィス猫として立派な花を咲かせているのです♪

「ツナは強くて甘くて、最初から頑張り屋さんでした!」とスージーさんは話してくれました。

これからもツナは大好きなスージーさんにピッタリと寄り添いながら、みんなの心を温め続けていくことでしょう(*´ω`*)
出典:dcfostermomsusielovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう