人生に、もふもふを。

「行っちゃだめ!」保護施設を卒業するボランティアさんに強く抱き付いてきた猫。予想外の行動に思わず胸が熱くなる

0

当時、大学生だったレイチェルさんが、ニューヨークのポツダム動物愛護協会でボランティアをしていた時のことです。長い間施設で手伝いをしてきたレイチェルさんは、その日、最後のボランティアの日を迎えました。

レイチェルさんは施設を出る前に動物達に最後のお別れの挨拶をしていました。すると1匹の猫がレイチェルさんに強く抱きついてきたのです。その姿はまるで「行かないで!」と言っているかのようでした。

そんな予想外の行動に、レイチェルさんは思わず泣き出してしまいました。

そしてしばらくの間、動くことができなかったのです。

レイチェルさんはこの時、「ずっとこの子と一緒にいたい」と心から思いました。しかし、レイチェルさんは大学の寮に住んでいたため、どうしても猫を飼うことができなかったのです。悩んだ末、レイチェルさんは実家に猫を連れて行くことに決めました。

その後、別々の場所で暮らしていたレイチェルさんと猫ですが、レイチェルさんが無事に大学を卒業すると一緒に暮らし始めたそうです。

猫の必死の想いが届いて本当に良かった。これから先もずっと、ふたりの幸せな生活は続いていくことでしょう(*´ェ`*)
出典:Flowwwerrlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう