人生に、もふもふを。

お腹の中の赤ちゃんを守りながら、ケージの隅に隠れていた猫。保健所から助け出され、数日後に出産すると幸せいっぱいに

0

ある日、裏庭で見つかった妊娠中の野良猫『ローズ』が保健所に連れて行かれ、先の見えない日々を送っていました。ローズはいつもケージの隅で丸くなりながら、お腹の中の赤ちゃんのことを心配していました。

そんな中、ローズのことを知った『チェロキー動物愛護協会』のマレーナさんが、手遅れになる前に保健所へと向かいました。

保健所で過ごしていたローズは一日中ケージの隅に隠れていましたが、マレーナさんが迎えに来てくれたのが分かると、嬉しそうに近づいて来たのです。

「施設の中はいつも犬が吠えていて、ローズはずっと怖がっているように見えました。特に妊娠中のローズにとっては非常に悪い環境でした」とマレーナさんは言いました。

ローズは新しい家に着いてすぐに、マレーナさんの手の匂いを嗅ぎました。そして「私と子供達を助けてくれてありがとう」と言っているかのように甘い声で鳴いてきたのです。

その日の夜、ローズとマレーナさんはお互いに抱きしめ合いました。ローズはマレーナさんの優しさに安心したようで、そのまま腕の中で眠りについたそうです。

それから数日後、ローズはついに5匹の子猫を出産しました!

お母さんになったローズは、さっそく子供達に愛情を注ぎ始めました。また、マレーナさんのことをすっかり信頼していたローズは、マレーナさんが子猫達の世話をしても怒ったりはしなかったそうです。

ローズはマレーナさんのおかげで、全ての力を子猫達に注ぐことができました。ローズはいつも子猫達に寄り添いながら、嬉しそうに毛づくろいをしているそうです。

また親子はとっても仲良しで、いつも甘い声で会話をしたり、幸せそうに喉を鳴らし合っているそうです。

子育て熱心なローズは、毎日忙しそうに子猫達の面倒を見ています。そんなローズをマレーナさんが撫でてあげると、背中をピンと伸ばしながら、両手をフミフミし始めるそうです♪

そんな愛らしいローズは、いつも得意げな顔をしながら、自慢の子供達をマレーナさんに見せてくるそうです。

そこにはもうケージの中で怯えていたローズの姿はありません。ローズは今の暮らしに心から満足していて、全身から幸せが溢れ出しているのです!

ローズはもう子猫達の将来について心配する必要はありません。ローズはここが安全な場所で、周りの人達がみんな優しいことを知っているのです(*´ェ`*)
出典:fostercatsfordayslovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう