人生に、もふもふを。

17歳の老猫の救出に向かった人達。着いた先でアヒルの赤ちゃんも含め、13匹の動物達の命を救うことに!

0

ある日、保護施設『SPCA』のスタッフ達が1匹の老猫を助け出すために保健所へと向かいました。しかし、その時はまだ自分達が13匹の命(3匹の猫、4匹の子猫、2羽のアヒル、4匹の子犬)を救うことになるとは思ってもいませんでした。

撫でられる猫出典:SPCAwake (lovemeow)

スタッフ達が動物達の救助に向かう数日前のこと、17歳の老猫を世話していた男性が亡くなり、妻は介護施設に入らなければなりませんでした。そのためずっとこの家で暮らしていた老猫は、近くの保健所へと連れて行かれたのです。

「老猫が保健所に入ったことをボランティアの方が教えてくれました。私達はすぐに老猫の救出に向かいました」と保護施設のタラ・リンさんは言いました。

タラさん達が保健所に着くと、より多くの動物達が助けを求めていることを知りました。最初にタラさん達が発見したのは2匹の猫でした。そして、そのうちの1匹は4匹の子猫を出産したばかりでした。

子猫達を生んだ母猫はタラさん達に身体を撫でられると、すぐに毛布を揉み始めて、大きな音で喉を鳴らしてきました。また、タラさん達が子猫達を触っても、全く気にする様子はなかったそうです。

「保健所で働いていた職員達は、私達に救助が必要な2羽のアヒルがいると言ってきました。そして私達を2羽(大人のアヒルとヒナ)のところに案内しました。」

その姿を見たタラさん達は、2羽をその場に残していくことができませんでした。

「アヒルのヒナと子猫達はとてもリラックスしていました。お互いを近づけてみると、ヒナは子猫達に興味を持ったようで、頭を傾けながら子猫達を見下ろしていました。一方の子猫達は、ヒナのことを子猫だと思っているようでした。」

保護された子猫達はまだ生後3日ほどで、目が開いていない状態でした。ヒナは子猫達と一緒のカゴに入って、子猫達の様子をじっと見守っていたそうです。

保護施設で動物のケアを専門に行っているローレンさんは、他に保護した動物達を引き取ってくれる施設がないかを探してみると、4匹の子犬を預かってくれる施設が見つかりました。

また、白黒模様のアヒルは上気道感染症を患っていたため、動物の保護活動を行なっているケリー・ウェスターさんが、獣医さんのところに連れて行くことを申し出てくれました。

その後、保護された母猫と子猫達は養育ボランティアさんの家に行き、十分に成長するまで育てられることになりました。タラさん達は動物達を受け入れてくれた人達に、心から感謝しているそうです。

タラさん達の施設では、助けが必要な全ての動物達を受け入れて、より良い生活を送れるように全力を尽くしているそうです。

「アヒル達には既に新しい家が決まっています。子猫達が十分に大きくなったら、母猫と一緒に里親探しを始めます。子犬達も里親さんの募集が始まりました。残りの猫達も何人かが関心を持ってくれています。」

きっとタラさん達の愛情のおかげで、今回保護された全ての動物達に素敵な家が見つかることでしょう。

こうして老猫の救助に向かったタラさん達は、その日のうちに13匹の命を救いました。きっと救われた動物達も、タラさん達の優しさにとても感謝していることでしょう(*´ェ`*)
出典:SPCAwakelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう