人生に、もふもふを。

危険な状態で保護施設に運ばれてきた子猫。優しい女性のおかげで瀕死の状態から回復し、幸せな人生を歩み始める

0

今から2ヶ月前、生まれて間もない子猫の『ゴクウ』とその妹が保護され、地元の保護施設へと連れて来られました。子猫達はとても幼く、24時間体制の世話が必要でした。

子猫達が連れて来られた施設では、幼い子猫を世話するスタッフや養育に必要なものが不足していました。そんな中、保護団体『ジャージー・キティー・ノンプロフィット』のアテナ・セレナさんが子猫達の窮地を知り、子猫達を受け入れることを申し出たのです。

子猫達がそのまま施設に残されていたら、一晩も生き残ることはできませんでした。「私達の養育ボランティアのソフィアさんがすぐに子猫達のところに向かい、自宅で看護を始めました」とアテナさんは言いました。

子猫達はとても衰弱していて、元気がありませんでした。特にゴクウの妹は危険な状態で、ソフィアさんの最善の努力にもかかわらず、命をつなぐことができませんでした。ひとりになってしまったゴクウは、残っている全ての力を使い、必死に戦い続けました。

それから数週間の間、ゴクウの危険な状態は続きました。ゴクウは食欲がなく、ミルクを飲み込むことができなかったため、ソフィアさんは一滴ずつミルクを飲ませ続けたそうです。またソフィアさんはゴクウが十分な栄養を得られるように、獣医さんからチューブで栄養を送り込むための方法を学びました。

何日も眠れない夜を過ごし、動物病院に何度も足を運んだ後、ついにゴクウの状況が変わり始めました。ゴクウは徐々に食欲が湧いてきて、回復の兆しが見え始めたのです。

「ゴクウは一生懸命に戦いました。そして現在はとってもヤンチャな子猫になりました。」

ゴクウは危険な状況を何度も乗り越え、元気いっぱいの子猫へと生まれ変わりました。身体が回復したゴクウは飛躍的に成長し、ハグ好きの子猫になったのです。

「ゴクウは生まれてすぐに辛い時期を過ごしましたが、ソフィアさんのおかげで新しいスタートを切ることができました。今の彼はとってもイタズラ好きで、先住犬のミロと遊ぶのが大好きです。」

ゴクウはこの2ヶ月で随分と大きくなり、里子に出られるまでに成長しました。ゴクウは現在、生涯の家に向かう準備が整っていて、新しい家族との出会いが待ちきれないようです。

こうしてソフィアさんの献身的な看護のおかげで、ゴクウは新たな人生を歩み始めることができました。これまで辛い思いをしてきた分、新しい家ではたくさん甘えて、幸せな毎日を送っていって欲しいですね。
出典:jerseykittyfosterrukasthecatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう