人生に、もふもふを。

保護施設で新しい家族との生活を望んでいた老猫。訪問者が現れるたびに手をかざし続けると、ついに待ち望んだ瞬間が!

0

猫の『シエナ』は13歳(人間年齢68歳)の老猫です。シエナはずっと一緒だった最愛の飼い主さんを亡くし、保護施設へと連れて来られた猫でした。

施設に入ったシエナは、訪問者が来るたびにガラス窓へ駆け寄って、手をかざしていました。ずっと一緒に暮らしてきた飼い主さんを失って、とても寂しかったのでしょう。

高齢の猫は子猫と違い、なかなか引き取り手が見つかりません。13歳で保護施設に入ったシエナも、新しい飼い主さんに出会うことができずにいたのです。

シエナは何度もガラスに手をかざして、愛情と関心が返ってくるのを待ちました。

そして、訪問者が興味を示してくれると、ガラスに身体を押しつけて、撫でて欲しそうにするのです。それはまるで「一緒に連れていって」と言っているかのようでした。

でも、訪問者はシエナと少し遊ぶと、いつも遠ざかっていきました。するとシエナは寂しそうな顔で訪問者を見送るのです。その様子は猫の情報を発信するSNSで取り上げられました。

そしてついにシエナの手に答えてくれる人が現れたのです!

ある日、シエナの記事を見たテリーさんが保護施設にやって来ました。早速テリーさんがケージに近づくと、シエナはすぐに手をかざしてきたのです。その姿はシエナが保護施設で手をかざす最後の姿となりました。

その日、シエナはついに新しい家に迎えられました。そこでシエナは『クロエ』という名前をもらい、すぐに家の女王になったのです。

クロエはテリーさんの家に来て以来、ゴロゴロとハグが止まらなくなりました。

クロエは老猫ですが、心の中は遊び心いっぱいの子猫です。

クロエは洗濯したばかりのタオルが入った箱がお気に入りのようで、一度入るとその場所から動かなくなります。テリーさんが近づいてきても、「何か問題でも?」という顔をしてくるそうです。

クロエは料理のお手伝いもしてくれます。どうやらクロエは料理の先生のようで、いつもテリーさんにアドバイスをしてくれるそうです。

テリーさんがベッドに行くとクロエが寄り添ってきて、一緒に眠り始めます。そして早朝になると、愛情いっぱいの鳴き声で起こしてくれるのです。クロエがいれば寝坊の心配はいりません。

クロエとテリーさんが出会ってから数年が経ちましたが、ふたりは今でも一緒に幸せな毎日を送っているそうです。

こうして保護施設で訪問者に手をかざし続けたクロエは、優しいテリーさんに出会うことができました。これからもクロエは暖かい家の中で、大好きなテリーさんと一緒に幸せな時間を過ごしていくことでしょう。
出典:TabbysPlacelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう