人生に、もふもふを。

寒さの中、病気の身体で子育てを続けていた母猫。優しい人達の力を借りて子猫達の命をつなぎ、新しい人生を歩み始める

0

厳しい寒さの中、カナダのモントリオールの保護施設に、生後8ヶ月の母猫と子猫達が運ばれてきました。

母猫は子猫達にミルクを与えることができなくなっていました。また慣れない環境にとても混乱していました。そんな母猫の姿を見たスタッフ達は、このままでは子猫達の命が危ないと強く感じましたが、子猫達を育てる環境が整っていなかったため、いくつかの保護施設に助けを求めました。

持たれる子猫出典:Rescuechatonsmontreal (lovemeow)

地元の保護施設『シャトン・オルフラン・モントリオール』のスタッフ達は猫の親子が危険だと分かると、すぐに親子を受け入れることを申し出ました。そして母猫が落ち着くことのできる静かな家と、経験豊富な養育ボランティアさんを探し始めました。

猫の親子出典:Rescuechatonsmontreal

『ミルキー』と名づけられた母猫は非常に痩せ細っていて、辛い期間を過ごしてきたことが分かりました。しかしミルキーはそんな状態にもかかわらず、スタッフ達にとても優しく、愛情豊かに接してきました。

「ミルキーはすぐに私達のことを信頼してくれました。彼女は2日間で随分と変わり、静かで快適な養育主さんの家で落ち着きを取り戻しました」と保護施設のセリーヌ・クロムさんは言いました。

子猫達を見守る母猫出典:Rescuechatonsmontreal

ミルキーと一緒に保護された子猫達も体重不足に陥っていました。また、子猫達はみんな『フィーバーコート』の状態で生まれ、全身の毛が白みがかっていました。それはミルキーが妊娠している時に、発熱やストレスがあったことを示していました。

子猫達に寄り添う母猫出典:Rescuechatonsmontreal

「子猫達は非常に小さく、私達のところに来た時にはまだ、ヘソの緒がついたままの状態でした。子猫達の世話を始めた養育主さんは、全ての子猫達がしっかりとミルクを飲んでいるかを注意深く確認し始めました。」

母猫と子猫達出典:Rescuechatonsmontreal

ミルキーは疲れ切っていましたが、大切な子猫達の世話に全ての力を注ぎました。またミルキーは子猫達の世話を続けながら、自らの体力を少しでも回復させようと、最初の数日間はたくさんの睡眠をとっていたそうです。

母猫に寄り添う子猫達出典:Rescuechatonsmontreal

しかし数日後、ミルキーはほとんどご飯を食べられず、ミルクを作り出すことができなりました。ミルキーはすぐに動物病院に連れて行かれ、検査を受けることになりました。

「獣医さん達はミルキーに超音波を当てて、身体の状態をチェックしました。すると彼女の子宮に液体が溜まっていて、すぐに手術が必要なことが分かりました。」

抱っこされる猫出典:Rescuechatonsmontreal

ミルキーが入院している間、子猫達は養育ボランティアのエリカさんとダニエルさんによって、24時間の世話が行われました。子猫達はそこでたくさんのミルクを飲んで、一日で随分と体重を増やしたそうです。

子猫達出典:Rescuechatonsmontreal

一方のミルキーは、手術から目覚めるとすぐに食欲を取り戻し、たくさんのご飯を食べ始めました。ミルキーは美味しいご飯でお腹を満たすと、幸せそうに喉を鳴らしながら、両手でフミフミし始めたそうです。

その後、養育主のバレンタインさんの家に移ったミルキーは、みるみるうちに回復していきました。ミルキーは3日で450gほど体重を増やし、エネルギーが今までの数倍にもなったそうです。

見つめる母猫出典:Rescuechatonsmontreal

こうして辛い時期を乗り越えたミルキーは、安全な家の中でたっぷりと甘やかされながら、新しい人生をスタートさせました。

「手術から回復したミルキーは、まるで子猫のように常にバレンタインさんに寄り添っています。彼女は人間が近くにいると安心するようで、誰かに見守られている時はいつも、たくさんのご飯を食べてお腹を満たしています」とセリーヌさんは話してくれました。

寝転がる猫出典:Rescuechatonsmontreal

ミルキーは現在、大好きなバレンタインさんの注意を引きながら、いつも幸せそうにピッタリと寄り添っています。そして、バレンタインさんのことをフミフミしながら、大きな音で喉をゴロゴロと鳴らし続けているそうです(*´ω`*)
出典:Rescuechatonsmontreallovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう