人生に、もふもふを。

森の中で独りぼっちの子猫を保護。でも良く見ると、足も耳もシッポも普通の子猫とはちょっと違っていました!

0

先月、カナダのケベック州に住むマシュー・パーティーさんが、自宅近くの森を自転車で走っていると、動く小さなものに目が止まりました。不思議に思ったマシューさんが近づいてみると、それが小さな子猫だと分かったのです。

「私はマウンテンバイクを降りて、子猫を確認しに行きました。私は最初、それが普通の猫だと思っていました」とマシューさんが言いました。

しかし、マシューさんがさらに近づいて行くと、子猫が普通の猫とは違っているように感じました。

抱っこされる猫出典:Mathieu Patry

そして、マシューさんは子猫がイエネコではないことに気づいたのです。子猫がとても野生的な姿をしていたため、子猫の正体に気づきました。

「私は最初、子猫の足を見てオオヤマネコかもしれないと思いました。そして、小さな丸みを帯びた耳と小さなシッポを見て、それが確信に変わりました!」

肩に乗る猫出典:Mathieu Patry

マシューさんは子猫が孤立しているか分からなかったため、母親が戻ってくることを願って、子猫をその場に残していくことにしました。しかし、マシューさんは自宅に帰ってからもずっと、子猫のことが気になってしょうがありませんでした。

翌日、マシューさんが再び子猫がいた場所に戻ると、子猫が昨日と同じ場所で鳴いているのを発見しました。どうやら母親は子猫の元には戻って来なかったようです。

マシューさんはこれ以上、子猫をその場に残しておくことができませんでした。そこで子猫をすぐに保護すると、自宅へと連れて帰ったのです。

くつろぐ子猫出典:Mathieu Patry

こうしてマシューさんのおかげで、子猫は独りぼっちではなくなりました。

抱っこされる子猫出典:Mathieu Patry

マシューさんは子猫を自宅に連れ帰った後、地元の動物園の野生動物リハビリセンターへと連絡をしました。センターのスタッフ達はマシューさんにオオヤマネコの育て方を教えて、子猫を引き取りに行くまでの間、世話をして欲しいと伝えてきました。

見つめる子猫出典:Mathieu Patry

翌朝、子猫をスタッフに引き渡した時、マシューさんは子猫がこの時期のオオヤマネコの子供にしては、とても身体が小さいことを知りました。マシューさんは子猫がしばらくひとりで暮らしていて、とても苦労していたのだろうと思ったそうです。

しかし、今の子猫は確実に良く方向へと向かっています。

子猫は動物園でしばらく世話をされた後、十分に成長したら野生へと帰されるそうです。きっと子猫はいつか、普通のオオヤマネコのような暮らしを取り戻すことでしょう。

肩乗り子猫出典:Mathieu Patry

こうして無事に子猫を送り出したマシューさんは、自分が子猫に生きるチャンスを与えられたことに、とても幸せを感じているそうです。

「私は全ての動物が大好きで、子猫を助けることができて本当に嬉しく思っています。子猫が安全な場所ですくすくと成長していることに、私は大きな幸せを感じています」とマシューさんは嬉しそうに話してくれました。
出典:Mathieu Patry/thedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう