人生に、もふもふを。

保護先で出会った猫のお父さんに、たくさんの愛情を注がれた子猫。同じ境遇の子猫達にたくさんの愛情を注ぎ続ける

0

子猫の『ジュビリー』は生後1日の時に、エレン・カロッツァさんの勤める動物病院「ノヴァ・キャット・クリニック」に連れて来られました。衰弱していたジュビリーは生存の確率が低い中、エレンさん達の力を借りて、何とか命をつなぐことができたのです。

幼い子猫出典:Benedictcumbercat

エレンさんの家には元々、『ベニー』という名前のオス猫が住んでいました。ベニーは子猫達への大きな愛情を持っていて、ジュビリーの姿を見るとすぐに子守りを始めたそうです。

「私は1時間ごとにジュビリーの状態を確認して、シリンジでご飯を食べさせました。そして、ベニーはジュビリーの毛づくろいをして、いつも清潔に保ってくれました」とエレンさんは言いました。

すっかりジュビリーのお父さんになったベニーは、常にジュビリーのことを見守って、安全で快適な環境を保ち続けてくれました。

猫と子猫出典:Benedictcumbercat

エレンさんはジュビリーの状態を24時間確認できるように、毎日職場にジュビリーを連れて行きました。そして、仕事が終わって家に帰ると、いつもベニーが窓で出迎えてくれたそうです。ベニーは早速ジュビリーの毛づくろいをして、愛情を注ぎ始めました。

ふたりのおかげでジュビリーは日に日に元気を取り戻していき、体重と体力が徐々に増えていきました。ジュビリーはふたりに優しくしてもらえたのが嬉しくて、いつも幸せそうに喉を鳴らし続けていたそうです。

抱えられる子猫出典:Benedictcumbercat

「ベニーはジュビリーのことをいつも守ってくれています。まるでベニーはジュビリーの騎士のようです。」

一緒の猫と子猫出典:Benedictcumbercat

またベニーは猫としての生き方をジュビリーに教えました。

見上げる猫出典:Benedictcumbercat

そしてジュビリーが随分大きくなった時、エレンさんは保護子猫の『ヒースロー』を自宅に連れて帰ってきました。するとジュビリーは自分がベニーにしてもらったことを、そのままヒースローにもしてあげるようになったのです。

見つめる子猫出典:Benedictcumbercat

ジュビリーはそれ以来、家に来た全ての子猫達に愛情を注ぎ始めました。

子猫達出典:Benedictcumbercat

優しいベニーに育てられたジュビリーは、驚くほど愛情深い子猫へと成長していたのです。

見つめる子猫出典:Benedictcumbercat

そして3ヶ月を迎える頃には、さらにジュビリーの個性が輝き始めました。

かしげる子猫出典:Benedictcumbercat

そんな愛情いっぱいのジュビリーの姿は、エレンさんや家族の心を完全にとりこにしました。家族はジュビリーを里子に出すのを止めて、正式に家族の一員に迎えることを決めました。

「私のお父さんはジュビリーの一番のファンです。もちろんジュビリーの方も、お父さんのことが大好きです。」

抱っこされる子猫出典:Benedictcumbercat

「私は保護子猫達の世話に大きな喜びを感じていて、今までにたくさんの子猫達を育ててきました。子猫達が変わっていく姿を見るのは本当に幸せなことです」とエレンさんは嬉しそうに話してくれました。

座る子猫出典:Benedictcumbercat

こうしてエレンさんとベニーに育てられたジュビリーは、とっても優しい子猫に成長することができました。これからもジュビリーはベニーと一緒に子育てを続け、子猫達の未来を幸せな方向へと導いていくことでしょう。
出典:Benedictcumbercatlovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう