人生に、もふもふを。

命をつなぐために土や泥を食べていた子猫。最後まで諦めなかった女性のおかげで、驚くほどの回復を遂げる

0

ある日、アナリース・バークさんと母親が、一晩中自宅の外を彷徨い歩いている野良猫に気づきました。二人の家は農村にあり、これまでに家の周りで猫を見かけたことがなかったため、猫がいたことにとても驚いたそうです。

翌朝、二人は地元の保護施設に猫を連れて行こうと、家の周りで猫を探し始めました。しかし猫の姿は見当たらず、代わりに生まれたばかりの2匹の子猫を発見したのです。

残念なことに2匹のうちの1匹はすでに息を引き取っていて、残った1匹も重い病気にかかっていました。二人は母猫が戻って来るのを待ちながら、衰弱した子猫を自宅へと連れて帰りました。それからしばらくして母猫が戻って来ると、二人は母猫を保護して、子猫と一緒に保護施設へと急ぎました。

包まれる子猫出典:princess_gemma

二人は猫の親子を保護施設へと連れて行き、自宅へと戻ってきました。すると庭の小屋の下から、子猫の声が聞こえてきたのです。驚いた二人は小屋の下を掘り始め、泥に覆われながら自分の運命と戦っていた、3匹目の子猫を発見したのです。

タオル子猫出典:princess_gemma

「この子は少なくとも、8時間は小屋の下にひとりでいました。子猫の顔は泥に覆われていて、口の中にも泥が入っていました。子猫は咳をしていて、ゼーゼーと荒い呼吸をしていました」とアナリースさんは言いました。

二人はのちに『ジェンマ』と名づけた子猫を連れて、家の中へと急ぎました。そして、ジェンマの全身を綺麗にして、ご飯を食べさせました。

二人は保護される前のジェンマが、生き残るために土や泥を食べていたことに気付きました。それはジェンマの病気をさらに悪化させる原因になっていました。

残念ながらジャンマを保護した時には既に、保護施設や動物病院が閉まっていたため、二人は徹夜でジャンマの看病を続けました。二人はジャンマの命をつなぐために、考えられる全てのことを試しました。

小さな子猫出典:princess_gemma

翌日、二人が動物病院に行くと、ジェンマの状態が非常に悪いことが分かりました。獣医さんに「この子はもう持ちこたえられないだろう」と言われた二人は、悲しみに暮れたそうです。

また二人が昨日助けた子猫は、保護施設で息を引き取ったことが分かりました。そして二人はジェンマも同じ運命を辿る可能性が高いことを感じたのです。

持たれる子猫出典:princess_gemma

「私達は泣きながら、ジェンマにさよならを言いました。」

「獣医さんはジェンマを安楽死させるか、ほとんどゼロの可能性にかけるかを私達に尋ねてきました。私がジェンマの看病をするためには、これからの予定を全てキャンセルする必要がありました。でもお母さんが私にどうするかを聞いてきた時に、私は僅かな可能性にかけることを決めました。」

アナリースさんは夏季の仕事を全てキャンセルして、全ての時間をジャンマに注ぎました。ジェンマは非常に弱々しく、重い病気にかかっていたため、無休の世話が必要でした。しかし、アナリースさんは決して諦めませんでした。

眠る子猫出典:princess_gemma

「ジェンマはほとんど動かなかったため、近くで確認するまで、生きているか死んでいるかが分かりませんでした。私は彼女の呼吸が止まることをいつも恐れていました。しかし、彼女は奇跡的に持ちこたえました。」

ご飯を食べる子猫出典:princess_gemma

非常に低い確率だったにも関わらず、ジェンマは何とか峠を越えることができました。そして、生後1ヶ月を迎える頃には、健康的な子猫のように行動するようになっていたのです。

現在6週齢になったジェンマは、自らウェットフードを食べ始めました。また水の飲み方も勉強していて、水の容器で顔を濡らしながら一生懸命に飲んでいるそうです。

ジェンマは自分を助けてくれたアナリースさんのことを親のように思っているようで、いつも寄り添いながら喉を鳴らし続けているそうです。

見つめる子猫出典:princess_gemma

「ジェンマは驚くほど強い意志を持った子猫です。彼女の命には、私の人生の全てをかける価値があります。彼女は私の天使です」とアナリースさんは幸せそうに話してくれました。
出典:princess_gemmathedodo

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう