人生に、もふもふを。

18年間毎日、高校に通い続けた猫。学生や教職員にたくさんの幸せを届け、多くの人達の人生を変える

0

今から18年前、アメリカのメイン州ウェストブルックにあるウェストブルック高校に、『シンバ』という名前の猫が現れました。それ以来、シンバは毎日学校の玄関に現れて学生や教職員に挨拶をしたり、教室や職員室でのんびりとした時間を過ごしてきました。

見つめる猫出典:westbrookhighschool

シンバにとって学校は第2の家でした。とっても人懐っこいシンバは宿題をしている学生を見つけると、いつも隣に座って勉強を手伝ってくれたそうです。

テーブルの上の猫出典:westbrookhighschool

またシンバは授業中にも現れて、教科書の上で昼寝をしたりすることもありました。そんなシンバの自由な行動は、みんなの心を一瞬で笑顔にしたそうです。

シンバは18年間、学校で出会った全ての人達に癒しと喜びを運び続けてきたのです。

横になる猫出典:Eileen Shutts

シンバはすっかり教職員のひとりになっていて、ヒーリング・キャットとして校内を自由に歩き回っていました。また職員室にはシンバ用の椅子が用意されていて、多くの学生達がシンバに会いに訪れたそうです。

埋もれる猫出典:westbrookhighschool

シンバはこれまでに、多くの人達の人生に大きな影響を与えてきました。シンバはみんなを元気にする最高のチアリーダーで、いつも優しく接してくれる最高の友達だったのです。

まったり猫出典:westbrookhighschool

しかし、18年間みんなを笑顔にしてきたシンバは、6月27日に息を引き取りました。

「シンバは家族や学生達、教職員達と楽しい生活を送り、癒し、友情、愛情を全ての人達に届けてきました。彼は人間のことが大好きで、たくさんの人達に愛されていました」と飼い主のアイリーンさんは言いました。

抱っこ猫出典:Eileen Shutts

「アウトドア好きだったシンバは、私達にのんびりと過ごすことの大切さを教えてくれました。私達は彼と一緒に過ごせたことに、とても感謝しています。私達は彼との思い出を決して忘れません。」

「シンバは本当にたくさんの人達に愛されていて、彼の死を惜しむ人がたくさんいました。彼からもらった愛情は、いつまでも私達の心に残り続けていくことでしょう」とアイリーンさんは話してくれました。

抱っこ猫出典:westbrookhighschool

また高校のfacebookページにはシンバの写真と共に「長い間、私達のところへ平和と幸せを届けてくれてありがとう。私達はみんなあなたのことを愛しています。あなたがいなくなって本当に寂しいです」と書かれていました。そのメッセージから、シンバの存在がどれほど大きなものだったかが伝わってきますね。

こうして18年間多くの人達に愛され、たくさんの人生を変えてきたシンバは、アイリーンさんに見守られながら天国へと旅立って行きました。きっとこれからもシンバの優しくて温かい姿は、みんなの心の中でいつまでも生き続けていくことでしょう。
出典:westbrookhighschool/Eileen Shutts/lovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう