人生に、もふもふを。

フードコートでみんなに幸せを届ける野良猫。ある日、地元の住人達から素敵な恩返しが♪ (12枚)

0

ある日、アメリカのテキサス州にあるフードコートに野良猫の『クリームパフ』が現れました。クリームパフはフードコートがとても気に入ったようで、そのまま住みついたのです。クリームパフはとても人懐っこい性格で、フードコートを利用する人達にいつも笑顔をプレゼントしていました。

フードコートの猫

そんなある日のこと、地元の住人達がクリームパフの世話をしていると、シッポに怪我をしていることが分かりました。クリームパフを心配した住人達は、話し合いの末、保護して獣医さんに診てもらうことにしたのです。

話し合いの中で、1人の女性(@iamkmi)がクリームパフを動物病院に連れて行くことを申し出ました。また、話し合いに参加した住人達が治療費の寄付を呼びかけると、数時間で2万6千円(225ドル)が集まったそうです。

そして、いよいよクリームパフ保護作戦が始まりました!

壁際でまったりする猫

昼寝中だったクリームパフは、女性の気配に気づくと少し驚いた様子でしたが、名前を呼ばれるとすぐに近づいてきました。

近づく猫

クリームパフは頭を撫でられるのが大好きで、この時も幸せそうに頭を差し出してきたそうです。

頭を撫でられる猫

ナデナデの後、女性はネコ缶をクリームパフの目の前に差し出しました。最初はドキドキしていたクリームパフでしたが、美味しそうなネコ缶をもりもりと食べ始めたのです。

ご飯を食べる猫

クリームパフがご飯に夢中になっている最中に、女性はこっそりとキャリーバッグを用意しました。

ご飯をモリモリ食べる猫

そして、ネコ缶を少しずつバッグの方に移動させたのです。

キャリーバッグに入る猫

予想以上にすんなりバッグに入ったクリームパフは…

どんどん入る猫

ジッパーを閉められても、全く気づきませんでした(*´ω`*)

バッグに収まった猫

その後もネコ缶を食べ続けたクリームパフは、食後にやっとバッグに入っていることに気づきました。一瞬だけ緊張したクリームパフでしたが、バッグの中の居心地が良かったようで、車で運ばれている最中も大人しくしていたそうです。

運ばれる猫

動物病院に着いたクリームパフは、あまり嬉しそうではありませんでした。しかし、ケージの中のキャットハウスに入ると、とても落ち着いたそうです。

運ばれた猫

獣医さんのところで傷を治してもらい、抗生物質と予防接種してもらったクリームパフは、そのまま病院で一泊しました。その後、無事にフードコートに戻ったクリームパフは、地元の住人に見守られながら、今までと変わらない生活を送っているそうです。

見上げる猫

こうしてたくさんの人達を幸せにしてきたクリームパフは、みんなの優しさのおかげで怪我を治すことができました。元気になったクリームパフは、これからもたくさんの人に笑顔を届けてくれることでしょう♪

出典:reddit.com / facebook.com

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう