人生に、もふもふを。

飼い主さんが亡くなって以来、行方が分からなくなっていた猫。10年後に飼い主さんの家族と再会し、再び愛情を感じる

0

今から数週間前、とっても人間慣れした猫がニューヨークのブロンクスにある野良猫のコロニーに現れました。日頃から猫の保護活動を行なっていたリタさんは、猫の話を聞いて、すぐに救出する必要があると感じました。

スリスリする猫出典:MagnificatCatRescue

リタさんは保護施設『MCRR』に連絡をして、猫の養育ができないかを尋ねました。電話を受けたスタッフは、まずは動物病院でマイクロチップを確認してもらうことをリタさんに提案しました。

その後、獣医さんが猫の身体をスキャンすると、猫が『マウジー』という名前で、マイクロチップが10年前の2008年に登録されていたことが分かりました。

「私達が登録されていた電話番号に連絡をすると、すでにこの番号は使われていないことが分かりました。登録されていた住所はここから4時間ほど離れた場所にあり、最終的にマウジーの家を見つけることができましたが、既に飼い主のデニスさんは亡くなっていることを知りました」とスタッフは言いました。

「私達が見つけた記事には、デニスさんは2008年に39歳で亡くなったと書かれていました。その記事には彼女の両親の名前が書かれていたため、私達は彼女の両親を探し出して、連絡を取ることに決めました。」

向かってくる猫出典:MagnificatCatRescue

無事に両親の連絡先が分かったスタッフは、すぐに電話をしましたが、留守番電話になってしまいました。その後、折り返しの電話を待っていたスタッフの元に、デニスさんの母親のジョイスさんから電話がかかってきたのです。

「ジョイスさんは最初、マウジーが発見されたことが信じられないようでした。彼女がようやく落ち着くと、以前のことを話し始めました。」

「デニスさんは亡くなる2ヶ月前に、2匹の子猫を保護施設から引き取っていました。その後、デニスさんが亡くなると、両親が2匹の子猫を引き取ることを提案しましたが、デニスさんの夫はそれを拒否したそうです。」

ご飯を食べる猫出典:MagnificatCatRescue

それから両親はデニスさんの夫と連絡が取れなくなり、子猫がどうなったかを知ることはできませんでした。しかし、それから10年後に突然娘の猫が見つかったことを聞いて、両親は娘からのメッセージのように感じたそうです。

今月でデニスさんが亡くなってから、ちょうど10年になりました。デニスさんが亡くなった後、両親はデニスさんがどれほど動物好きだったかを何度も思い出し、自分達も子猫を保護施設から引き取って、大切に育て始めたそうです。

キャリーの中の猫出典:MagnificatCatRescue

スタッフは家族とマウジーを再会させるために、すぐにマウジーを送り届けるための準備を始めました。スタッフは保護動物達の輸送を行う保護団体に連絡を取り、マウジーを安全に届けてもらうことにしました。

そして今週の木曜日、運転手のジョーさんがマウジーを受け取り、家族の待つ家まで車を4時間走らせました。

幸せな猫出典:MagnificatCatRescue

そしてついに家族とマイジーは再会を果たしたのです! ジョイスさんと夫は娘の猫と会うことができて、心から喜びを感じました。

再会の現場に立ち会ったスタッフは、「私達はマウジーの飼い主さんの両親を探し出し、再び家族が再会できたことに胸が熱くなりました」と話してくれました。

佇む猫出典:MagnificatCatRescue

「マウジーは現在、温かい家族の元でご飯をたくさん食べています。再会した日は物陰に隠れていたマウジーですが、翌日になると新しい家族に愛情を求めてきました」とスタッフは言いました。

マウジーはとても愛情豊かな性格で、以前からこの家に住んでいたかのように、幸せそうな姿を見せてくれているそうです。

くつろぐ猫出典:MagnificatCatRescue

すっかり家族に安心マウジーは、家族がソファーに座るとすぐに膝の上に飛び乗ってきます。そんなマウジーに向かって家族は、再会できたことがどれくらい嬉しいかをいつも伝えているそうです。マウジーはその話を熱心に聞いて、まるで話を理解しているかのように、嬉しそうに身体を擦り付けてくるそうです。
出典:MagnificatCatRescuelovemeow

猫にもっと癒されたい方は いいね! してね
可愛い猫の話題をお届けします(。・ω・。)
この記事を友だちにシェアしよう