人生に、もふもふを。

木の上で動けなくなっていたところを発見された猫。優しい人達に助けてもらい、2週間ぶりに家族との再会を果たす!

0

今月の初め、愛犬の『ナゲット』といつものように散歩に出かけたホリー・ヤングさんでしたが、そこでいつもとは違う出来事に遭遇しました。

通りの反対側にいる全ての犬が吠えていることが気になっていたホリーさんは、小学校の近くで犬以外の鳴き声に気づきました。「私が歩いていると、その声が急に止まりました。私がナゲットを抱きかかえてその場から離れると、再び声が聞こえてきました」とホリーさんが言いました。

ホリーさんは近くにある木を見上げて驚きました。そこには1匹の猫の姿があったのです!

「猫は約7.5メートルほどの高さのところにいて、猫の近くには飛び降りるための枝がありませんでした。猫はそこから動けなくなっているようでした。」

ホリーさんは何かしらの助けが得られることを期待して、近くの小学校に連絡をしました。また地元の保護団体と消防署にも連絡をしましたが、どちらもすぐに動くことができないということでした。

「その日の夜、友人が伸縮はしごを持ってきて木に立てかけました。そして私と友人がはしごを登ってみましたが、残念ながら猫には届きませんでした。」

そこでホリーさんは近くの店に駆け込んで、ツナ缶を手に入れて戻ってきました。そして猫に降りてきてもらうために様々なことを試みましたが、結局猫が木から降りてくることはありませんでした。そのためその日は猫が夜の間に木から降りてくることを期待して、一度家に帰りました。しかし翌日再び現場に行くと、猫がまだそこに留まり続けていることが分かったのです。

その後、通りの反対側にある建物の大家さんが状況を知り、すぐに伸縮はしごを持ってきてくれました。その頃には随分と猫がホリーさんに慣れていたため、ホリーさんの姿を見ても固まったりすることはありませんでした。

警戒を緩めていた猫はホリーさんがはしごを登ってくると、大人しくホリーさんに身体を預けました。

「私は保護した猫を抱えながら、一段ずつ慎重にはしごを降りました。そして私が猫をキャリーに入れようとすると、猫は抵抗することなく素直に従ってくれました。」

その後、ホリーさんは地元の保護施設『ザ・ミャオウ・ミッション』のスタッフのサラ・ヒューズさんに連絡をして、猫を安全な場所に置いてもらうことができました。「猫は保護してもらえたことに安心したようで、とってもフレンドリーに接してくれるようになり、食事の後は幸せそうに喉を鳴らし始めました。」

猫が非常に人懐っこいことに気づいたサラさんは、猫がどこかの家で飼われている可能性が高いと感じました。

またホリーさんも同じことを感じていたため、行方不明の猫の投稿サイトを何度も確認しました。しかし保護した猫に関する情報を見つけることはできませんでした。

ホリーさんは自ら猫の情報を掲載するために、動物病院でマイクロチップをスキャンしてもらうことにしました。「私が猫を連れて動物病院に行くと、猫の姿を一目見た獣医さんが『その猫を知っている』と言ってきました。」

「動物病院には同じ地域に住んでいる二人の獣医さんがいたのですが、二人の家の郵便受けに入っていた『行方不明の猫のチラシ』に載っていた猫にそっくりだということが分かりました。」

結局その猫は『ウィニフレッド』という名前の猫で、2週間行方不明になっていたことが分かりました。ウィニフレッドは室内飼いの猫で、玄関のドアから素早くに逃げ出して、5kmほど離れた場所にあった木の上で動けなくなっていたのです。

ウィニフレッドの飼い主のマッジさんは、誰かが愛猫を見つけてくれることを期待して、近所の全ての家にチラシを配っていました。

「動物病院のスタッフがマッジさんに電話をして、『ウィニフレッドが見つかった』と伝えました。するとマッジさんは『えっ!?』と叫んで、受話器を耳から離しました。」

その後、マッジさんはウィニフレッドと再会するために動物病院に駆けつけました。車を駐車場に止めて病院に近づいてくるマッジさんの姿を見たスタッフ達は、マッジさんがウィニフレッドとの再会に胸を膨らませていることがすぐに分かりました。

そしてついにウィニフレッドの姿を確認したマッジさんは、ウィニフレッドを助けてくれたホリーさんを抱きしめて、涙を流しながら感謝の気持ちを伝えました。それからマッジさんはウィニフレッドのことを強く抱きしめて、最高に幸せそうな姿を見せてくれたのです。

「マッジさんはその場にいた全員に、『今朝、私は散歩をしながら、もう二度とウィニフレッドに会えないかもしれないという事実を受け入れなければならないと思っていました』と話しました。」

「ふたりの再会の瞬間はとっても感動的で、その場にいた誰もがこれまでに経験したことが無いような、本当に素晴らしい瞬間でした」とホリーさんが嬉しそうに話してくれました。

ウィニフレッドが無事にマッジさんの元に帰ることができて本当に良かった。きっとウィニフレッドも力を貸してくれた全ての人達に感謝していることでしょう(*´ω`*)
出典:TheMeowMissionlovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう