人生に、もふもふを。

幼い時に雨の中から助け出された茶トラ猫。安全な家で自信をつけると、困っている子猫達にたくさんの愛情を注ぎ始める!

0

雨の降る中、未舗装の道路の脇で茶トラの子猫が丸くなっていました。子猫を見つけた女性は車を止めるとすぐに子猫の元へと向かいました。そして、女性が子猫の状態を確認しようとすると、子猫が助けを求めて頭を持ち上げたのです。

子猫の母親はどこにも見当たりませんでした。子猫は非常に空腹で、雨に打たれて全身が濡れていました。女性は助けを求めて、地元の保護施設『インディー・ヒューメイン』で養育ボランティアをしている友人のケルシー・ミニアさんに連絡をしました。

「子猫を保護した私の友人は、子猫に『ジャスパー』と名づけました。私達はその名前がとても気に入ったため、そのまま子猫をジャスパーと呼ぶことにしました」とケルシーさんが言いました。

幸いなことにジャスパーは雨に打たれていたにもかかわらず、身体の状態は良好でした。ジャスパーは安全な家の中で元気を取り戻し、たくさんのミルクを勢いよく飲み始めました。またジャスパーが快適な環境に安心すると、楽しそうにオモチャで遊び始めて、徐々に個性が現れ始めました。

ジャスパーは子猫部屋の中にあったイチゴの家がとても気に入ったようで、小さなヒヨコと一緒に家を共有することもありました。「ジャスパーはその家がとても好きで、一日の多くの時間をその中で過ごしていました。」

そして、ジャスパーに病気が無いことが分かると、子猫部屋を出て、先住犬や先住猫達と一緒に過ごし始めました。ジャスパーはすぐに家の所有者であるかのように歩き回るようになり、常に自信を持って行動するようになりました。

ジャスパーはその後、生後2日で保護された子猫の『ジューン』と仲良くなりました。「ジューンが成長して動き回れるようになると、ジャスパーが歩き方や走り方を教え始めました。」

ジャスパーは自然とジューンの世話をするようになり、一緒にオモチャで遊んだりするようになりました。またジューンが鳴き始めると、すぐに助けに向かうようになったのです。

そんな中、先住犬の『ペニー』がジャスパーのお母さんのような存在になり、今まで子猫にほとんど興味を持たなかった先住猫の『タッカー』もジャスパーのことを溺愛するようになりました。ジャスパーには周りのみんなをとりこにする不思議な力があったのです。

そして、ジャスパーが8週齢になって体重が900gに達すると、次の段階に進む準備を整えました。

「私達は今まで、ひとりで保護された子猫を家族に迎えたことはありませんでした。でもある日、最年長の猫の『ポルシェ』がジャスパーと一緒に昼寝をしている姿を見た時、私達の心は大きく動かされました。」

ポルシェはジャスパーと一緒の時間をとても楽しんでいました。またちょっと乱暴者のタッカーも、ジャスパーと一緒にいる時はとても落ち着いていて、一日に何度も窓辺で寄り添いながら嬉しそうに昼寝を楽しんでいました。

ジャスパーはまさにケルシーさんの家に欠けていたパズルのピースのような存在だったのです。「私達はジャスパーを家族の一員に迎えることを決めました。」

ジャスパーはいつも自信に満ち溢れていて、自分が何でもできると信じていました。ジャスパーは時々家の中でハプニングを起こすこともありましたが、決して慌てたりすることはありませんでした。またジャスパーはとても愛情深い性格で、困っている保護子猫達にいつも愛情を注いでいました。

「ジャスパーが家族になってから半年後、私達は『ハービー』という名前の野生的な若い猫を育て始めました。私達はジャスパーがハービーと友達になり、ハービーに家猫になるための方法を教えてくれるかもしれないと思いました。」

そして、ケルシーさんの思っていた通り、ジャスパーはすぐに警戒心の強いハービーと仲良くなって、ハービーに人間が怖い生き物では無いことを教えたのです。

ハービーはジャスパーのおかげで警戒心を解き、威嚇音が喉のゴロゴロ音へと変わっていきました。ハービーはすぐに室内生活を受け入れて、無事に生涯の家へと旅立つことができたのです。

「家に来た保護子猫達が検疫期間を終了するたびに、ジャスパーは子猫部屋に入って、子猫達に様々なことを教え始めます。彼は子猫達にウェットフードの食べ方やオモチャでの遊び方、毛づくろいの仕方や室内生活の楽しみ方など、様々なことを教えています。」

現在2歳のジャスパーは、既に経験豊富な養育主で、いつも家に来る子猫達を優しく育てているのです。

「ジャスパーは新しい環境に戸惑っている子猫達に自信を持たせ、子猫達の学びの手伝いをしています。中には内気な性格で彼と関わることを躊躇したりする子猫もいますが、そんな時は彼の方から積極的に関わっていって、子猫達の心をいつも開かせています。」

「ジャスパーは時々子育てを休憩することがありますが、そんな時は家の中にたくさんあるキャットツリーのうちの1つで昼寝をしたりしています。また同居猫のタッカーと一緒に家の中をブラブラしたり、同居犬のペニーと一緒に遊んだり、私の腕の中で幸せそうに喉を鳴らしたりしています」とケルシーさんが嬉しそうに話してくれました。

こうして雨の中で保護されたジャスパーは、自分にピッタリの家で暮らし始めることができました。ジャスパーはこれからもたくさんの保護子猫達を温かく迎え入れながら、幸せいっぱいの毎日を送っていくことでしょう(*´ω`*)
出典:pennyandthefosterslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう