人生に、もふもふを。

桃の触り心地に心を奪われた猫さん。毎年、桃の季節がやって来ると、一日中桃に寄り添いながら極上の喜びに浸る♡

0

今の季節、地元のスーパーや道の駅などでは美味しそうな果物がたくさん並んでいます。そして、そんな美味しい季節に興奮を抑えきれない猫が話題になっています。

猫の名前は『オジー』。オジーは誰もが驚くほどの桃好きの猫ですが、決して桃を食べたいと思っているわけではありません。オジーは細かい毛で覆われた甘くて美味しい桃に、食べること以外の喜びを見つけたのです。

「オジーは桃を見ると鼻を擦りつけたり、昼寝のための枕にしたり、じっと見つめたりしています」と飼い主のリディア・クトーレさんが言いました。

オジーはこの家に来て以来ずっと、そのちょっと変わった趣味で、リディアさんと娘のローレインさんを喜ばせているのです。

「オジーが最初にこの家に来たのは桃のシーズンでした。彼はテーブルの上に桃を見つけると、すぐに身体を擦りつけ始めました。きっと彼は桃の表面の感じが好きなのだと思います。」

リディアさんは家に桃を持ち帰ると、いつも新聞紙の上に置いて、食べ頃になるのを待ちます。そして、その食べ頃になるまでの期間が、桃に目のないオジーにとっては最大のチャンスです。オジーは待ってましたとばかりに桃に近づいて、嬉しそうに寄り添い始めるのです。

そのため、もし桃にオジーの毛をつけたくない時は、必死に守る必要があるそうです。

「お母さんは桃をオジーから守るために、地下室に桃を運び込みました。でも彼はやっぱり桃を見つけ出したようで、綺麗に並んでいた桃の列に、ちょうど猫くらいの大きさの隙間を作っていました」とローレインさんが言いました。

オジーは数年前に引き取られて以来、ずっとこの家で暮らしています。ローレインさんと母親のリディアさんは、保護施設『ハーバー・ヒューマン・ソサエティ』でボランティアをしている時に初めてオジーに出会いました。最初は家族に迎えようとは思っていませんでしたが、ある瞬間にローレインさんがオジーを手放せなくなってしまったそうです。

「オジーと最初に出会ったのは、保護施設のメインロビーでした。その時の彼の名前はブレイズでした。私は彼の愛らしい姿に釘付けになり、目をそらすことができなくなりました。」

「私がボランティアを卒業する時にオジーに会いに行くと、彼は腕の中に入ってきて私のことを強く抱きしめました。私はその瞬間、彼を手放せなくなりました。その後、お母さんに彼のことを話すと、彼を引き取ることを許してくれました。」

オジーは遊び好きの猫ですが、やっぱりどんな遊びよりも丸い果実が大好きです。ちなみに丸い果実でも、柑橘系のものには正反対の反応を示すそうです。

「オジーはオレンジを憎んでいます。彼がその匂いを嗅ぐと、顔をしかめて逃げ出します。また、オジーは桃以外の果物を抱くことはありません。」

オジーの桃への愛情は、家族の中で夏の風物詩になっています。毎年、その愛らしい姿を家族で楽しむために、『オジーと桃の写真』はいつも家族のグループチャットに投稿されているそうです♪

また、リディアさんがオジーの姿を多くの人達に楽しんでもらおうと、SNSに写真を投稿すると、瞬く間に多くのファンがついたそうです。

こうしていつの間にか世界の人気者になったオジーですが、本人はそのことを全く気にしていません。それよりもオジーは『桃のシーズンがいつ終わるか』に大きな関心があるようです♪

「多くの人達がオジーのことを好きになってくれて、とても嬉しく思っています。私達は彼の趣味に付き合うために、桃のシーズンが終わっても、彼のために桃を買ってこようと思います」とリディアさんが話してくれました(*´ω`*)
出典:ozzyanddarcythedodo

この猫の記事を友達にシェアしよう