人生に、もふもふを。

後ろ足の障がいのため、上手く歩くことができなかった子猫。保護先で歩き方と愛情を学び、幸せな毎日を歩み始める

0

1週間前、保護施設の創設者のダニエル・サザンさんが、特別なケアを必要としている5週齢の子猫を受け入れました。「子猫は迷子になっていて、いくつかの健康問題を抱えていました」とダニエルさんが言いました。

子猫はマンクス症候群(遺伝性疾患による背骨の奇形や脊髄に異常によって引き起こされる様々な障がい)やその他にも先天性の奇形があり、後ろ足を動かすことができませんでした。「子猫はお母さんのお腹の中にいる時に、背骨やシッポや足が曲がった状態で形成されました。」

しかし、子猫は障がいを抱えているにもかかわらず、他の子猫のように動き回れるようになることを決心していました。

子猫は『ミニー』と名づけられました。ミニーはひとりでトイレに行くこともできなかったため、物理療法による治療が始まりました。

ミニーは年齢よりも非常に小さな身体をしていましたが、強い心を持っていて、常に前進し続けました。「ミニーは私の恋人です。昨夜も彼女は私の膝の上に座って喉を鳴らし、家の中での生活を楽しんでいました。」

ミニーは好奇心旺盛な冒険家で、ダニエルさんが何をしているのかをいつも知りたがっているそうです。

また甘えん坊のミニーは、常に周りに誰かがいてくれることを強く望んでいました。

その後、ミニーは動物病院に数回通って、胃の問題を解決し、以前よりもずっと気分が良くなりました。するとミニーはさらに遊び心が増してきて、部屋の中で様々なイタズラをするようになりました。

ミニーは湧き上がってくる自分のエネルギーに興奮しながら、部屋の中を隅々まで探索しました。ミニーは障がいを抱えていますが、それがミニーの行動を遅くすることはありませんでした。

ミニーは保護から1週間で大きな変化を遂げ、個性が一気に輝き始めました。

またミニーはオモチャの面白さに気づいたようで、いつも元気いっぱいにオモチャで遊ぶようになりました。さらにミニーが何か伝えたいことがある時は、恥ずかしがらずに愛らしい声で次々と話しかけてきました。

少し前まで野良猫だったミニーの生活は大きく変わり、現在は安全な家の中で甘やかされながら生活しています。「ミニーはいつも幸せそうで、毎日活発に動き回っています。彼女は自分が他の子猫と違っているとは全く思っていません。」

「私がミニーに近づくと、彼女はすぐにゴロゴロと喉を鳴らし始めます。また彼女がお気に入りのオモチャを見つけると、まるで取り憑かれたかのように遊び始めます。」

さらにミニーは素晴らしい警備員で、家の中で起こる全てのトラブルに目を光らせています。ミニーはいつも目に見えない何かを捕まえたり、前足を上手に使って楽しそうに歩き回っています。

ミニーはこれまで様々な問題に直面してきましたが、その全てを強い意志で乗り越えてきました。

「養育主としての私の目標は、ミニーを健康な状態に保ちながら、最高の人生を送るための生涯の家を見つけることです」とダニエルさんが話してくれました。

こうして後ろ足に障がいを抱えた状態で保護されたミニーは、安全な家の中で新しい人生をスタートさせることができました。きっとミニーの前には素敵な里親さんが現れて、いつまでも幸せな毎日を送っていくことでしょう。
出典:centralflfosterslovemeow

この猫の記事を友達にシェアしよう